2045年問題、AIは感情と善悪を感じる事が出来るのか AIは警戒が必要なのか第4次産業革命も含め考える

近い将来、人工知能は人間の手を離れる 機械の未来を予測した哲学者が警鐘を鳴らす理由

 AI人工知能は危険なのか?

(ライターFT)

2045年問題、AIは感情と善悪を感じる事が出来るのか AIは警戒が必要なのか第4次産業革命も含め考える




 人間の限界はまだ分かっていない。分かっている事は緩やかな進化を遂げているが、コンピューターの発達により進化のスピードは変化した。でもそれは補助的にコンピューターを人間が駆使しているから進化のスピードは早く見えるだけ。でも大昔、石器時代なんか寄りははるかに進化のスピードは速いだろう。

 コンピューターが人間を超えるのは2045年と言われています。でも考えてみて下さい。コンピューターはある意味、人間を超えています。複雑な計算もエンターキー一つで計算出来ます。人間は考えなくても済む。人間はコンピューターを統制出来るのかという問題があります。

 とにかくAI問題に対して警鐘を鳴らしている学者が多い。これだけ警鐘を鳴らされているにも関わらず、人類はAIの開発を止めない。人間が便利に暮らせる為に開発されるはずなのに、AIは人間の仕事を奪っていくと言われている。

 映画館ではチケットを売る人が消えました。



 まずは自動化された券売機ですね。

 牛丼屋のレジも人がいなくなりました。



 AIに限らず券売機等で飲食代や映画チケット代金を支払えば、間違う事は無い。人件費の節約になり、経営者は儲かる。でも日本の場合、少子化と稼働年齢人口の減少と言う大問題が待っています。

 こうした稼働年齢層の減少に伴い、労働力を確保する事は容易い事ではない。その結果、機械やAIを発展させざるを得ないという状況がある。これは第4次産業革命に繋がるのではないかと私は思っている。

 第4次産業革命はドイツのIndustrie4.0ではなく、日本における産業革命を指します。

 日本は稼働年齢層の減少により、働き手が極端に減る事になります。この結果、超人手不足が深刻化すると予測されます。政府はこの人手不足を移民で解決しようとしています。移民政策は消費の拡大も見込めますが、イギリスがEUを離脱した原因に移民問題が大きく関係しています。イギリスは移民を受け入れたくなかったのです。

 日本は移民をいけ入れて来ていない国です。

 単純に上手くいく訳がないのです。

 では、この超人手不足の中、どうすればこの問題を解消出来るのかです。

 生産性の向上を目指す以外方法は無いのです。では生産性の向上を目指す為に行わないとならないのが資本、技術への投資を行う事です。すでに技術に資本を投資している人も多く出ています。

 では具体的にどんな技術を向上させて、生産性を上げるのか?

 人間の動きや動作をサポートする技術を開発する事です。

意思を読み取り自立動作をサポート
福祉の現場で期待を集めるロボットスーツ HAL®

 上記リンクのような製品が安く生産され、安くリース出来ればまさに生産性の向上につながります。



 上記画像のスーツ、介護現場だけでなく、他に使い道も沢山ありますね。高齢者でも力仕事が可能になるのであれば、倉庫等の荷役作業や建設現場での作業にも転用可能ではないか。

 明日もこの流れで
タイトルとURLをコピーしました