2045年問題、AIは感情と善悪を感じる事が出来るのか

圧勝「囲碁AI」が露呈した人工知能の弱点

 人工知能はすでに人間を超えだしている。
例えば囲碁、天才と呼ばれた韓国のプロ棋士イ•セドル氏でさえ1勝しか出来なかった。

(ライターFT)

2045年問題、AIは感情と善悪を感じる事が出来るのか




 一番気になる事はAIが感情を持ち、善悪を把握するのかということです。いくらプロの棋士を破ったからといって投資の世界ではどうなのか?AIでデイトレーディングを行えるとしたらAIは勝ち続ける事が出来るのだろうか。

 投資のアルゴリズムというのがあって2年程のサイクルで循環しているとされています。その循環についても予測する事は難しく、いくらAIであっても投資のアルゴリズムに関して、勝ち続けるというアルゴリズムはあり得ないと言われています。

 まず、アルゴリズムってなんじゃい?

 数学、コンピューティング、言語学等の分野において問題を解く為の算法という事になります。要するに答えまでの手順という事です。



アルゴリズムってなんでしょか

 さて、AIが感情を持つ事等この先あり得るのか?

 今現在、相手の「知覚」「思考」を動きと言葉という情報から解析しそのデータから「人間の感情」を特定の情報と判断、適用させて推測して変異させる所まできている。人間の感情を読み取り、その対応を変えながら対応可能のAIもすでに完成している。

 相手が笑えば一緒に笑い、悲しい表情をしていたら慰めるという行動をするAIが存在する。

感情を読むAI?! MITの “Tega” が実現する(かもしれない)パーソナライズの革命とは

 上記リンク先では驚くべきことが起こっている。



 子供達を応援し、ヒントまで出し、楽しませている。

 上記リンク先ではこれからのAIの可能性について書かれているが、ここまでAIが進化しているのであれば、善悪の判断は容易につくのだろう。単純な話だ。善か悪かを判断するなんて0か1で終了なのだ。そして何らかの障害が起こり、悪の感情を持つAIが現れることだって考えられる。その悪のAIが誰にも知られる事無く、ひっそりと人間に知られないように自分の悪の感情の為に動いてしまえば?



 映画ターミネーターの中のスカイネットには悪の感情等感じなかった。

 淡々と冷たい何の感情もないAIの世界。コンピューターが核戦争が良いと判断し、より良い世界を作る為に地球上から人間を抹殺し、新世界を作るという計画だった、正確には自らを破壊しようとする人間を滅殺を目的としていました。

 これも自分を守る為と考えれば悪ではない。人間にとっては悪であるが。

 次回に続く。

 
タイトルとURLをコピーしました