第一印象を科学する まとめ

第一印象を劇的に改善!「また会いたい」と思われる人になる7つの方法

 第一印象ってとても大切ですね。

 仕事でも、プライベートでも。



(ライターFT)

第一印象を科学する


 まずは自分の身なりを整える所から始めないといけませんね。

 そして聴く事に集中する。もちろん聴く為には、こちらから相手に対し質問しないとならない。どんな質問をすれば良いのだろう?

 まずは相手に興味を持つ、持っていると思わせるのがいい。表情も必要になります。ビジネス等で事前に合う事が分かっていれば、それなりにその人の情報を得る事が出来るかも知れません。しかしそういった情報は中々入りにくいというのが現状ではないかと思います。では会った時に瞬時にその人の情報を、その人の服装や雰囲気等で得る事が出来ます。まずは名刺交換、そこで名前が必ず判明しますね。役職やその他の情報も書かれていますね。



 上記の人なら見た目の情報だけで色々と質問が出来ます。

 なんて事ないスーツを着ています。このスーツがしわくちゃになっているか、パリッとしているか、表情は疲れているか、生き生きしているか等です。

 ここでいきなりプライベートな質問はNGです。結婚しているかどうか等はプライベートな事なので、もう少ししてから聴く事にした方がいいですね。

 この場合、年齢は25歳から30歳までの若い人ですね。

 「いつもお世話になります。今日初めてお会いしますが、現在の部署にはいつからですか?」

 こうした質問で大体の年齢の推測が可能になります。

 まずは簡単な質問がお勧めです。簡単に答えられる質問がベストです。

 質問に大きく分けて4種類の質問があります。



 SPIN法というやり方で、営業職の人がよく使う手法です。

・状況質問 : Situation Questions
・問題質問 : Problem Questions
・示唆質問 : Implication Questions
・解決質問 : Need-payoff Questions

 上記の英語の頭文字を取り、SPIN法と呼ばれています。

 名刺や相手の雰囲気や服装から状況を推測し、質問してましょう。

 例えばパリッとした服装をしている若い人なら、

 「お宅の部署の方はどの人も、見出しなみが素敵ですね、皆さんいつも奇麗にしておられますね」

 等です。少し褒め過ぎ感はありますが、人間褒められて嫌な人は圧倒的に少ないのです。

 まずは軽めの仕事とは関係のない話から入った方がいいですね。もちろん、ビジネスの場合です。

 ビジネスではない場合はもっと軽くフレンドリーに質問を変えた方がいいですね。

 相手の置かれた状況を把握することで背景等をより詳しく知る事が出来ますので是非とも意識的にやってみて下さい。

 明日も続く。


第一印象を劇的に改善!「また会いたい」と思われる人になる7つの方法

 今日は問題質問についてです。

(ライターFT)

第一印象を科学する SPIN法の問題質問を具体的に考える


 ビジネスでもプライベートでもいきなり確信に入らない事が有効とされています。まずは昨日もお話ししました、状況の質問から始めて下さい。セールスをするなら売りたい商品に関しての使用状況であったり、顧客をどれくらい持ち、ニーズを把握しているか等の使用状況をお聞き下さい。プライベートで好きな人でも同じです。好きな人がどんな生活を好んでいるか、相手の服装や装飾品の好みから質問を順序立てて考え、質問を構成することが大切です。

 状況質問は、相手の事を知る為の質問です。質問は聴く事を目的にしているので、相手に気持ちよく喋らせることが大切です。人間関係が構築されていない、初対面もしくはまだ数回しか会っていなかったりする場合、質問される側のメリットはあまりありません。いかにあなたに興味があるかということを理解してもらうかがポイントになります。多すぎる質問には相手はうんざりしてきますので、ある程度数を絞り質問しましょう。

 これが出来たら問題質問です。

 その人が抱えている問題を意識させることが問題質問のポイントです。

 例えばPCが好きな人なら、OSは何?PCでどんな作業をするのかを状況質問であらかじめ聴いておき、その問題点を聞き出します。

 出来ればオープンクエスションで聴いて下さい。質問にはオープン、クローズドのスタイルがあり、オープンの場合は相手の不満等を聞き出します。要は答えやすく、質問せざるを得ない質問の仕方をしないとなりません。



 相手の返事を明確にしたいのであれば、クローズドクエスションが最適です。相手のはっきりした答えを聴きだしたいのであればクローズドです。はい、いいえで答えてもらいます。もしくはYes,Noでの回答を得るのがクローズドになります。

 オープンは会話を広げるには最適の質問手法と言えます。

 「はい、いいえ」「Yes,No」以外の回答を得る方法となります。



 これは相手の考え方をより深く知る事が出来ます。

 自由な回答が可能になるため、人間関係が出来やすくなります。そして相手の考えを深めるのにも役立ちます。



 

 オープンクエスションで相手の問題を聴きだす事が最適といえます。

 出来るだけネガティヴな感情や思いを聴きだせればOKです。

 こうした問題を解決出来るかも知れないということが相手に伝われば、恋愛もビジネス上手くいくはずです。

 次の段階は示唆質問になります。

 ネガティヴな感情を聴きだす事が出来れば、まずは相手に共感する事です。この共感は必ずして下さい。

 明日は示唆質問を掘り下げて考えてみたいと思います。


第一印象でモテる方法

 第一印象から少しかけ離れてしまいました。

 でもSPIN法を習得する事で第一印象は格段にUpします。

(ライターFT)

第一印象を科学する SPIN法の示唆質問と解決質問を具体的に考える




 状況、問題と来たら次は示唆質問です。

 問題質問で相手のニーズを把握したら、その問題を示唆し、明確にするだけ。

 問題質問での不満や不安、相手が困っている事を浮き彫りにさせる事が大事なんです。簡単に言えば問題をさらに詳しく相手に認識させ、共感してあげる事で相手はさらに安心感を得ます。未来を見せる事が大切なんです。その問題を一緒に解決出来るという共感を持たせることが必要になります。



 問題と示唆はほぼ同じ、でもこの問題をさらに掘り下げ、共感を得る事で第一印象はさらに良くなるはずです。人間は自分の話を聴いてもらいたいモノです。女性なら特に自分の話を誠実に聴いてもらいたいと本能的に感じているはずです。

 その後は解決する為の質問をしてみましょう。解決質問です。



 問題を数点、聞き取り出来れば示唆質問で共感、「大変ですね」「何とか出来るかも」などの明るい未来を示唆することで、解決方法を相手は求めてきます。解決方法を提示してあげる事でさらに信頼関係が生まれてきます。

 まずは始めて会う人を何とか自分のフィールドに持ってきたいのであれば、このSPIN法を使うべきです。但し営業している人にはあまり効果ないかもです。この時、喋りたい気持ちを堪え、聴くに徹する事で相手はどんどんあなたに話してくれます。

 人間は会って数秒で好きか嫌いかを判断してしまいます。これは瞬時に行われます。



 持てる女性の特徴を考えると、スタイルと清潔感がまずは第一印象を良くします。瞬時に男性はスタイルが良くて清潔感のある女性を無意識に選んでしまいます。これは女性が男性を見た第一印象も同じなんです。

 これは男性と女性に言える事なのですが、笑顔の出し方でも第一印象が変化します。そして挨拶です。挨拶はコミュニケーションの基本と考えています。まずはキチンと挨拶出来るかどうかが第一印象を瞬時によく思わせる基本と言えます。

 見た目だけ良くすれば、第一印象は貰ったも同然なんです。



 人は見た目が9割と言われています。それは人間、視覚で相手の情報を瞬時に判定するからです。好きか嫌いか、視覚からの情報で瞬時に判断します。その後、じっくりと相手に興味を持てるか、持てないかをこれまた無意識に判断します。そこから人間関係が始まり、長い付き合いになるか、ここで終わるか、第一印象で決まるといっていいでしょう。

 まずは外見を磨く、お金なんてかけなくていい。

 清潔感を演出、特に女性は清潔感に気をつけて笑顔を意識的にすること。意識的に笑顔を作り出せば、何となく良い事が周りで起こってきます。笑顔を作る事で脳は誤作動を起こし、本当に自然な笑顔が出てくるようになります。

 第一印象を考える事で自分の人生を、より良い方向に向ける一歩だと考えて下さい。一点突破全面展開という言葉があります。小さな穴を開ける事で、全面的に大きく展開する事です。小さな何かを始める事で、大きな良い未来が訪れますように。
タイトルとURLをコピーしました