魔女 まとめ

■本物の魔女が「魔女の秘密展」に不満爆発! 展示会で語られなかった“2つの真実”を大暴露

 魔女というのは一体何?

 今日は魔女を考えてみたいと思います。

(ライターFT)

魔女はいつ頃から言われ始めたのか?




 今では魔女を色々な呼び方で表現しています。美しい40代、50代、60代の女性を美魔女と呼んだり、最近ではパナマ文書に記載されている人物を捜すのに魔女狩り等と表現されたりと、よくも悪くも魔女という表現を用います。

 魔女という言葉の由来は、古いヨーロッパの俗語として広まりました。超自然的な力で人畜に被害をもたらす人間、妖術を使う者という定義とされています。こうした人達は伝説や民話として日本でも語り継がれてきました。

 上記の画像は「サバトに赴く魔女たち」というルイス•リカルド•ファレロの作品です。

■魔女、ウィキペディア

 魔女の定義や考え方は色々ありますが、現代の本物の魔女と言われている人はどんなことをしているのでしょう。ドイツ、ポーランド、チェコを結ぶ地域に「魔女街道」と呼ばれる道が出来たそうです。

ドイツ魔女街道を旅してみませんか?

 この魔女街道、ドイツ各地の魔女達の伝説の地を結ぶ街道になるそうで、そこには様々なエピソードが残されています。キリスト教が普及するにつれ、今まであった宗教が悪魔と呼ばれ、断罪されていったという背景があります。グリム童話では魔女達のほとんどが悪者として描かれており魔女=悪魔のようなイメージが強く残っています。これはグリム兄弟がキリスト教を信仰していたからなのでしょう。



 ヨーロッパでいう魔女は、シャーマンのような存在と捉えて間違いないと思います。

 最近はハリー•ポッターシリーズで、魔女や魔法使いのイメージはさらに変化してきました。本来持っている魔女というワクワクするようなイメージになったのではと思います。

 

 明日も続く


ヨーロッパ全土では、キリスト教会による徹底した「魔女狩り」

 魔女が悪魔の手先だというイメージはキリスト教が植え付けたイメージだった。

(ライターFT)

悪魔の手先、魔女は迫害の歴史




 ハリーポッターシリーズでは女性は魔女、男性は魔法使いという表現されていました。そして人間はマグルと呼ばれていました。魔法使いや魔女に取って人間は間抜けな存在という認識にしていたのでしょか、詳しくは分からないのですが、もしかしたら魔女狩りで迫害された関係として人間をバカにした言い方にしたのかも知れません。

 魔女の当時の役目としてはシャーマン的な役目、病気を治す薬草を知っていたり、占いをし作物の出来映え等を予想したりという役目がほとんど、中には呪い等をする魔女もいたのでしょう。日本でも呪いというの呪術としてありますね。日本の呪術というのは、有名なお坊さん等が使ってたとされています。



 呪術も魔法も、超自然的な力や神秘的な力を持つ人達を指しています。科学が発達していない時代に、こうした魔法や呪術はなくてはならない物だったのですね。

 簡単なものなら、願いがかなうようなおまじないであったり、反するものとしては人を呪うという事もおまじないの一つと言えるのではないでしょうか。



 魔法も呪術も同じような考え方ではないでしょうか。土地の風習や風俗に関係している。中世の魔女伝説も同じように病気が流行った時に魔女のおまじないやハーブ等の薬草で症状を緩和させたりしていました。



 魔女がホウキに乗って空を飛ぶのは軟膏を全身に塗ってからでないと飛べないというのが本当の所らしいです。人間がその軟膏を塗る事で、ホウキに乗り空を飛べるそうです(笑

 「魔女の薬草箱」という本を読むと、こうした色々なハーブを調合して民間療法で病気等を癒していたというのが魔女の本当の役目だったらしいです。

 キリスト教圏は魔女のほとんどを悪というイメージにしてしまっています。

 魔女伝説が多いドイツやヨーロッパでは魔女を「Hexe」と表記されます。この語源は垣根という意味らしいです。村と森の境、垣根にいたのが魔女で、生と死の境にいるのも魔女、つまり死者を送り出す役目も魔女は担っていたという事になります。日本でいえば完全にお坊さんですね。

 土着の風習として魔女は住民から重宝されていたのですね。

 薬草や占いをしていた魔女達は、薬草を売ったり死者を送り出していた権利をキリスト教徒に奪われたというのが本当の所でしょう。古代魔女は豊穣の女神として人々に崇められたり、病気のときは薬草を処方し、病気を和らげたりする事を生業としていただけなのです。

 魔女狩りは凄惨を極めました。

 悪ではなかった魔女が悪とされてしまったのは宗教的な背景が大きいと言われています。宗教的な問題だけではなく当時の貧困などの問題もあったそうです。こうした民衆の不安の矛先を魔女に向けたということも考えられます。魔女に全ての罪をなすり付ける事で、政治的な不安や不満を解消させたという政治的な側面が伺えるのです。対象になった人は魔女でもなんでもなく、弱い女性や高齢者と言われており、人とは違った生活スタイルをする人々が標的となったようです。



 拷問で自白を強要され、苦しさのあまり魔女と自白した人は最後に火あぶりになり殺されてしまいます。

 人間の闇、群集心理、非常に怖いですね。

 現代でもこうした心理はまだ人の心の奥に残っているかも知れません。

 ネット等ではこうした人間の心の闇が出やすいですね。気をつけたいものです。
タイトルとURLをコピーしました