ヒトラーという独裁者が生きていたという噂が後を絶たないのは何故だろう?3

ヒトラーは生きていた!?ブラジル人の恋人と95歳まで生きていたという証拠の写真が発見される

 ヒトラーがロスチャイルドから資金援助を受け、ドイツを立て直し、第二次世界大戦を引き起こしたという陰謀説は誰もがファンタジーとして受け止めるだろう。本当のことは誰も知らない、しかし世の中にはこうした知ってはいけない事が数多くある。

(ライターFT)

ヒトラーという独裁者が生きていたという噂が後を絶たないのは何故だろう?3




 ヒトラーが戦争を起こした原因は、ロスチャイルドの世界支配のため。

 本当かどうかは分からないし陰謀であって欲しいと願う。

 しかしヒトラーがブラジルで生きていたということが本当なら、このロスチャイルド陰謀説も本当かも知れない。ユダヤ人を大量虐殺したヒトラーの親族は、イスラエルに住んでいる。これは本当の事のようで、ヒトラーと親族は関係ないとはいえ、ホロコーストで大量のユダヤ人を虐殺した親族がユダヤ人国家に匿われるように住んでいるというのはどういう事なんだろう。



 ブラジルにいたドイツの老人という、ヒトラーが生きていたと言われる噂は、第二次世界大戦終了前、ヒトラーが自殺した直後から言われている。ナチスの崩壊とともに総統官邸、地下壕でピストルによる自殺とされている。頭をピストルで打ち抜いたという話だ。でもこのヒトラーの自殺については、連合軍の間では死因について大混乱を起こしていたのだ。



 1945年4月29日、ヒトラーは愛人だったエバ•ブラウンと地下壕の会議室で結婚式を挙げる。その後、残った幹部達と無言で握手をし、エバと共に自室に入る。その10分後に一発の銃声が響く。

 銃口を口にくわえ引き金を引いたヒトラーは即死、その横でエバ•ブラウンは青酸カリを飲み、息絶えていたという結末だった。ヒトラーは部下達に検死等で亡骸を人目にさらしたくないということで、消却するようにという指令を出していた。その日のうちに遺体は焼かれ、炭化していたという。ヒトラーと判定したのは義歯が決め手となった。

 あまりにも潔い死に様と言える。どこか不自然ではないか?

 その後は連合軍の捕虜となったドイツ軍幹部達による聴取がメインとなる。



 銃声は聞こえていなかった!

 イギリス軍大尉による「ヒトラーの最後」という本の中で書かれている内容と現実は違っていることが今では言われている。

 イギリスではピストル自殺、ソ連では服毒自殺という違った見解となってしまった。

 それからイギリスとソ連はヒトラーの死因を巡り、大論争となるのだが、決着は着かず。ソ連の新聞はヒトラーの死体写真を掲載した。

ヒトラーの死体写真

 明日に続く!
タイトルとURLをコピーしました