大麻犯罪をなくせばいいのに。吸うとどないなるねん?

一体なぜ…?世界中で大麻(マリファナ)解禁の動き

 否定派、肯定派、どちらだといえば肯定派です。大麻の話ですが。

 残念ながら大麻を吸引したことは無いのですが、もし大麻が合法なら一度くらいはやっていたかも知れないですね。

(ライターFT)

大麻犯罪をなくせばいいのに。吸うとどないなるねん?




 一昔前、こんな話を大っぴらにしたらまるで麻薬中毒者のような疑惑の目で見られたもんです。時代が進んだのか、大麻という精神変容をするハーブの認知度も上がってきたのが疑惑の目で見られないようになった原因なのか、海外での解禁の動きが大きな要因かもですね。

 まずは大麻を解禁することで今まで闇の世界に流れていた、お金が表に出てきますね。税収も上がるはずです。よく大麻がアルコールと比較されますが、アルコールもレッキとしたドラッグと考えると、安全性は大麻の方が安全性には歩がありますね。



 まずは医薬品としての大麻の使用許可は必要と考えます。

 そして大麻の所持の非犯罪化をすることで、薬物関連の逮捕者が激減するはずです。薬物使用というのは基本的に個人の嗜好に近いと考えます。誰にも迷惑をかけなければ、別にやりたい人はやればいいのである。誰かに迷惑をかけるから法規制がされているのであって、大麻に関してはお酒を飲む人よりは他人にも迷惑をかけない。



 覚せい剤やその他のドラッグはもちろんダメです。人に迷惑がかかるからです。意識をドラッグの為に支配され、その結果、交通事故や人を殺めてしまったり、傷つけたり、長い間使用することで自分自身の精神の崩壊に繋がっていきます。こうしたハードドラッグは絶対に法的な規制が必要で、取締対象にしないとならないと思います。

 大麻がもし合法なら、危険ドラッグを使用する人は減るかも知れない。この考え方には賛否はあると思います。ゲートウェイ理論(踏み石)という考え方があり、簡単に説明しますと、大麻を使用することで、他の薬物を使用し始めるゲートウェイ、つまり入り口になるという理論です。私はこのゲートウェイという考え方には少し疑問を抱いています。




 ではタバコを吸う人は必ず酒を飲むのか?酒を飲む人は必ず大麻を使うのか?という事なんです。大麻を使う人がその次に危険ドラッグや覚せい剤を使用するとは思えないのです。

大麻を吸うとどうなるのか!?

 上記動画は明るい音楽に楽しそうな映像、肯定派が作成した動画になりますが、まさにこんな感じなんでしょう。みんな笑って明るく楽しいイメージですね。笑い出すと止まらない、そんなイメージです。脳性麻痺の女性が大麻を使用するだけでリラックスし、普通にしゃべれるようになったり、難病の患者さん達の症状緩和になったりします。
タイトルとURLをコピーしました