お金を儲けたりする為にしなければならないこと。節約したらお金を使おう!デフレとグローバル まとめ

円高、円安って何のこと?

 前回、お金について色々とお話ししました。

 家計簿をつけ、収入と支出を知り、節約するという当たり前のお話です。

 今日も当たり前の事を一緒に考えたいと思います。

(ライターFT)

お金を儲けたりする為にしなければならないこと。節約したらお金を使おう!デフレとグローバル まとめ


 デフレになるとモノが安くなるのになぜモノが売れ難くなるのか?

 答えは収入が減り、支出が多くなりモノが買えなくなるからなのです。モノの価格を安くしないと売れなくなり、モノを安く設定しても収入、つまり給料も安くなるので買い控えしてしまうのです。



 モノを安くする方法は人件費の安い国で大量にモノを作り、生産コストを大幅に下げます。少し前の中国に日本企業は工場を建てて、現地の安い人件費で同じクオリティのモノを作ります。元々、日本国内で作られていたモノが海外にシフトされます。日本国内では仕事を無くす人が増えてしまいます。

 企業は会社の利益を追求しすぎて自分の住んでいる場所の活性化などは考えません。

 結果、会社にも利益が生まれ難くなります。さらに緊縮財政を会社は行い、人々は生活する為の必要最小限のモノしか買えなくなり、余裕がなくなります。そんな事が続くと、企業はさらに生産コストの安い国にシフトしたり、人件費(給料)を下げ、会社の存続をかけます。

 これがデフレスパイラルという奴です。



「グローバリズムという病」にかかった日本

 グローバルという言葉、何とも国際的な響きですね。

 誰かが「これからはグローバル社会だ!英語が大事、英語を勉強しないと!」なんて事を言ってる人がいました。事実、ある大学では英語で授業、講義を行う学校まである。グローバリゼーションを見越しての教育方針になります。

 グローバリゼーションとは世界の一体化という意味です。



 一見、この世界の一体化、とても素敵な響きに聞こえますね。イメージ的に考えてみると、全世界が一つになり、誰もが交流し、自由な経済と多国籍な企業が世界を相手にビジネスをする、そんなイメージでしょうか。

 グローバリズムは1991年頃から言われだしたのですが、実は今に始まったことではありません。歴史的には何度もみられた現象のようです。19世紀から1945年、つまり第二次世界大戦終了までグローバリズムはあったのです。



 グローバリズムの考え方については色々な意見が存在します。

 グローバルに活躍している企業は儲けているが、そのせいで格差が加速したり、混沌としている。戦争に導いているとする考え方さえある。

 アメリカ等も多国籍化した大企業の利益と一般国民の利益が相反する状態となった。こうした背景は国民の不満を増長させている原因ともいえ、こうしたアメリカ国民の不満がドナルド•トランプのような政治家を生んだ背景なのかも知れない。トランプは大富豪、まさにアメリカンドリームと言える人物です。しかし彼の言動は過激で危険な雰囲気がただよっている。



 トランプ氏はアメリカの貧困層に訴えたのだ。完全に反グローバルを主張している。

 「排外主義、孤立主義、国益の重視」

 これがトランプ氏の主張となる。

 問題は彼が大富豪だということ、アメリカ国民はそれを理解しているはず。

「米国は貧しいんだ!」 じわじわ来るドナルド・トランプの話術

 混沌とした世界では色々な人が登場するもんですね。

 ヒト、モノ、情報が世界をかけめぐるグローバリゼーション、この流れは止められないのか?便利な反面、格差が拡大し、人々の不満も大きくなっていることは事実ですね。

 グローバル化のメリットデメリットは?日本の文化、企業に何の影響?

 グローバル化がデフレを加速させたのかもですね。

 グローバル金融機関が壊れたことがありました。アメリカのサブプライム問題に始まり、欧州を含めたリーマンショック等です。歴史はサイクルの繰り返しで、このグローバリズムも終焉を迎えている。



 先進国が貧しくなってきているのです。

 デフレとグローバルは関係していると考えましょう。

 こうした社会情勢を踏まえて、もう一度お金というものを考えていかなければと思います。デフレ時代にどのようにお金を得、どのように消費し経済を回すのかを考えないとならないと感じています。
タイトルとURLをコピーしました