不条理な社会にしておくべき5つのこと。

「貧乏なのに進学した罰」 風俗で働く短大生

 不条理な出来事なんてそこら中に溢れ帰っている。

(ライターFT)

不条理な社会にしておくべき5つのこと。


 誰がこんな世の中にしてしまったのか。



 政治家達なんです。貧乏だから頑張って勉強しながら大学を出て、貧困から抜け出す。以前はそんな世の中だった。しかし最近はそうではなく、進学したから罰を受けた、こんな風に感じている人がいるのには驚いた。

 でも対処方法はある。貧困に陥らないようにする為にしておかなければならない事を理解しておきたい。



 1、まずは考え方をしっかり持つ。

 風俗で働かなくても他のアルバイトはいくらでもあります。但し自分の都合で出来るアルバイトは風俗くらいしか無いだろう。しかしそこに行ってしまえば普通の仕事よりは少し稼げる。しかも自分の時間に合わせることが出来る。世の中は楽をしたらその反動が必ず訪れます。自分がそんな風にならにようにまずは考え方をしっかりと持つべきだ。

 絶対に風俗でのバイトはしない、や、男性なら犯罪には走らないというしっかりした考え方を持ちましょう。



 2、使える社会資源を活用する。

 社会資源とは人々のニーズを充足したり問題解決の目的に使われる各種の施設や制度、知識や技術、人的な資源の総称を言います。例えば平成27年から生活困窮者自立支援法という法律が施行されています。貧困に陥る前に役所で相談しましょう。但し、本当に支援が必要なのかどうかは話を聴いてからとなり、自分で何とか出来るかどうかがポイントになります。色々なアドバイスが貰えるので一人で悩まないで相談しましょう。



  3、目標を持つこと。

 目標を持つといっても、長期的な目標でなくても構いません。今、困っているならこの現状から抜け出したいと考えているはずです。まずは小さな目標を持って下さい。出来ればメモ書きでもいいので、書いてみるのだポイントです。自分の手で書くという行為は、脳にインプットされやすいと言われています。PCで打つのではなく、書くという事に拘ってみましょう。小さな目標が達成出来たら、また小さな目標を見つけて下さい。気がついたらそこにあるのは”しあわせ”かもですよ。



  4、お金を増やす為に、お金を愛する考え方と行動をする。

 節約はといても大事。節約出来ない人はお金が増えません。お金を増やす為にはまずは考え方を意識して下さい。バイトで5万円入ったら必要経費以外にあるお金をどう増やすかを考えましょう。貯金するのも増やす方法です。そしてお金を愛する事です。お金は汚いというイメージを持っている人が世の中にはとても多いのです。お金は汚くないんです。お金を持ちたいという欲が、人に悪い事をさせたり、汚いことをさせたりします。お金はあなたにとって大事でいくらあっても困りません。それどころかお金があれば時間だって変えるのです。とにかくお金を愛する事です。



  5、絶対に負けない、諦めない。

 人間誰しも心が折れる時があります。心が折れたらどうしますか?折れっぱなしではいけません。折れたら修復すればいいのです。時間がかかっても構いません。必ず修復させなければいけません。その修復後、また1からということもあります。こんな時は「いい勉強できた」と思いましょう。自分が負けたと思えばそこで負けです。実際に負けても、負けたと自分で思わなければ負けでは無いのです。心が折れても、またやればいいのです。頑張る必要なんてありません。ただやるだけなんです。

 色々と当たり前のことを書いてきましたが、風俗で働かざるを得ない、そう考えるのであれば絶対に風俗で働くのは止めて下さい。風俗で働くのが苦ではないのであれば何の問題もありません。身内や友人に相談出来ないのであれば、役所で相談してみましょう。きっと良い解決策があるはずです。
タイトルとURLをコピーしました