心に残る映画の名シーン まとめ

映画内で最も美しいとされる135シーンをつなぎ合わせて作ったショートフィルム

 私が最も美しい映画のシーンと思っているのは、「フレンズ ポール&ミッシェル」というイギリス映画だ。

(ライターFT)

心に残る映画の名シーン




 「フレンズ ポール&ミッシェル」は1971年公開のフレンズ。今の今までフランス映画と思っていました。ストーリーは14歳の少女と15歳の少年が出会い、恋愛、妊娠、出産という当時では衝撃的な内容だった。

 舞台はパリ、二人は恋に落ち少女の父が持っていた小さな古ぼけた別荘で駆け落ちし、密かに暮らす。お坊ちゃんだった少年が自分たちだけで生きる過酷な現実の中で、医者にも頼らずに出産、貧困の中、二人は慎ましやかに生きるのだけど、捜索願が出されていた少年には、警察官が居所を突き止める。



 こんな内容です。

 二人が一生懸命生きる姿が、最後には壊れてしまうと分かっているのですが、最後のシーンではそれはあえて描写しない、エンディングは仕事にいく少年を、赤ちゃんを抱いた少女が見送る。少年は側転をしながら場面はスローモーションに。

 「バイ、底抜けのおバカさん」

 少女は赤ちゃんを抱きながら幸せそうな表情で少年に声をかける。

 このシーンはまさに名作で最も美しいシーンと言える。エルトン•ジョンの挿入歌も最高に合っている。

 主人公のミッシェルを演じたアニセー•アルヴィナは2006年に53歳という若さでこの世を去ってしまった。



 皆さんも是非。

ポール&ミッシェル エルトンジョン

観てなきゃ損【これぞ心に残る傑作映画】おすすめ映画洋画編

 タランティーノ映画でも最高傑作と言える「パルプフィクション」残酷で下品でスタイリッシュ。これほど闇世界に生きるバカ者達をスタイリッシュに描いた作品はない。

(ライターFT)

心に残る映画の名シーン スタイリッシュな名シーン




 タランティーノ監督の手法として観せ方の工夫、センスの良さが光る。そして長セリフの可笑しさ。一見脈絡がないように思うのだけど、作品の中に活かされている。「パルプフィクション」の冒頭でサミュエル•L•ジャクソンとジョン•トラボルタの会話シーン。

 ジョン•トラボルタとサミュエル•L•ジャクソンが歩きながら少し長めの世間話をするシーンで

 「オレはアムス帰りだぜ」

 これはドラッグのことなら俺に任せておけってことが後から生きてくる。

パルプフィクション ダンスシーン動画

 この大好きなダンスシーンも特別に凄いダンスをする訳じゃない。でも何ともいえないカッコ良さとキュートさと、面白さがある。とても心に残るシーン、そしてずっと観ていたいと思える何のヘンテツもないダンスなのだ(笑

 実はこのシーン二人のアドリブのダンス。二人とも何とも地味なツイストなんだけど、撮影の時にタランティーノもカメラの後ろで踊っているとか(笑

 とにかくこのダンスシーンは最高に面白い。

 この映画の面白さは脈絡の無さ。殺さないはずの人間を銃の暴発で死なせてしまったり、脈絡の無さが映画のストーリーの面白さを増やす。

 クールなツイストダンスコンテストを終えたトラボルタとユマはその後、ヘロインのオーバードーズ(過剰摂取)で大変なことになるのだけど、直接心臓にでっかい注射を打ち事なきを得たり(笑

 いきなりド変態が登場し、黒人のマフィアのボスが換金されレイプされたり。



 とにかくこの映画のあのダンスシーンは最高なのである。



全部知ってる?映画史に残る超有名シーン

 ターミネーター2は間違いなく名作と言えるでしょう。

 あの最後の灼熱の溶けた鉄の中に親指を立てて沈んでいくシーンは映画史に残る名作です。

(ライターFT)

映画シーンに残る名作!


 

 あのシーンは完全にシュワちゃんが死なないでと感じたシーンです。

 誰もがロボットであるターミネーターに感情移入していたはずです。

 ターミネーター2は1990年代の名作です。

 少しマニアックな所でいいますと、「初体験リッジモンドハイ」という青春映画です。アメリカの高校生の恋愛を描いた作品なんですが、とにかくセクシー!当時高校生だった私はこの映画でフィービーケイツの大ファンになりました。



 現在彼女は2016年時点で52歳の美しい熟女。当時の日本ではブルック•シールズと人気を二分するアイドル女優でファンも多くフィービーはかなりの人気でした。1983年には名作「グレムリン」でヒロイン役に抜擢、不動の人気を得る。



 フィービーはヌードにもなっている。

フィービー・ケイツのおっぱいに衝撃を受けた件 Youtube

 このヌードシーンも1980年代の名シーンといえるのではないでしょうか?

 名シーン、色々とありますね。
タイトルとURLをコピーしました