人材不足は解消出来ない、その難問を乗り越える為に国がしなければならないこと。まとめ

人材不足の職種と、今後人手が足りなくなる職業は?

 人材不足が深刻化するという予測がされている。

 数年前の構造改革で建設業の労働者規制が緩和され、建築業の賃金は当時と比べかなり下がっている。3kと呼ばれた、きつい、汚い、危険と言われた建設現場での労働の人材不足が深刻化している。

(ライターFT)

人材不足は解消出来ない、その難問を乗り越える為に国がしなければならないこと。




 結果を言えば、建設現場での労働者人口を確保する方法は賃金の底上げだ。簡単に底上げと言ってもまずは法律がそれを阻害する。そして物流関係も深刻な人材不足になると予測されている。コンビニから商品が消え、物流も滞る事態になるという予測である。



 現在では少数の正社員が、パート、アルバイトを管理、業務を運営している会社がほとんどだ。こうした社会構造で、経営者は人件費を抑え、経営的には儲かっているようににも思えるが、長い目で見ると全体的な景気の低迷を引き起こし、結局は経営者にも大きな減収となる。

 グローバリゼーションという世界基準という名の下に、経営者達は自身の利益を追求した。ミクロ的な思考と言える社会政策で、マクロ的に考えるとこうした社会政策は失敗するのが目に見えている。単純な話で、労働者全体の賃金が下がると全体的な収益も下がるという話だ。こうした景気の底上げをするにはまずは賃金を上げるという政策転換を図らなければいけない。

 そして国は緊縮政策をするのではなく、適材適所にインフラ整備を行わなければならない。新幹線の整備、高速道路の補修、延長、災害大国と言われる日本いおいて国を上げての防災対策必須と言える。首都である東京だけでなく分散させる為には、こうしたインフラ整備を行うことで人口の分散が期待出来る。



 人口が集中する東京圏は世界一、所得を得やすい場所とも言えます。

 しかし東京一極集中ではなく、住み慣れた街でも東京と同じように仕事をする為には、一極集中ではなく、分散型にして日本全国どこへでも時間をかけずに行けるインフラの整備は絶対に必要と言える。

 人材不足は日本の生産向上で補うしかないというのが現状、生産向上する為には、安い土地で大規模な設備投資を行い、少ない人材でまわしていかなければならないだろう。少ない人材で働くというのは、働き手にとってかなりのリスクと言える。こうしたリスクを解消する為には技術向上も必要、そして賃金Upと社会保障があれば、国民が安心して暮らせる社会になるのではないだろうか?


もちろん、生産性の向上で見えるのはリストラもそう、しかし外国人労働者を受け入れずにこの働き手の問題を解消するのは生産性の向上、諸刃の剣と言われているが、これをいつ行い、実行するかを計算することでなんとかしないとならない。

 しかし安倍政権は外国人移民を働き手として受け入れようとしている。

 国は生産性の向上と技術性の向上を目指した時、日本は高度成長する。しかし安倍政権は働き手を外国人で補うといった最悪のシナリオを考え、実行しようとしている。国に頼ってはいけない。日本人の国民性が戦後の高度経済成長を担ったといっても過言ではなく、人口が増え、雇用が生まれ、真面目で勤勉な国民性がこの国の経済を何倍にも延ばした実績がある。

 人口が増えただけの高度経済成長ではないというのをまず国が知らなければならない。

仁義なき?人材の奪い合い合戦が始まった!

 すでに建設業界、福祉業界、特に介護職について人材不足が始まっている。そして10年後にはその他の業種についても深刻な人材不足が待っているという。

(ライターFT)

人材不足は解消出来ない、その難問を乗り越える為に国がしなければならないこと。10年後の雇用状況




 利益を追求するのは企業のあり方、考え方として当たり前の話。利益のみを追求するだけの経営者の考え方を持っていると、これもまたバランスが悪い。人材不足になると、経営者は良い人材を得る為に、一番単純で効果的なやり方として給料のupを考えるだろう。売り手市場となった雇用戦争に給料のupだけでは雇用は確保出来ないだろう。

 会社の質が問われてくるだろう。

 技術を誇る日本の町工場でも深刻な人材不足がすでに始まっている。これは人口減少というどうにもならない現在の日本の大きな問題が背景にある。人口減少をくい止めるカンフル剤はない。人材不足になると予想されているが、そのときの経済状況はどうなるのだろう。すでに日本は20年以上も景気の低迷、混迷時代という暗黒の時代から抜け出せていない。



 350年後に日本人は49人しかいなくなるというリサーチ結果もある!(笑)

 しかし今から10年間は人材のスイートスポットに入る時期だとも言われています。
適切な雇用状況に入る時期。団塊の世代の退職が始まっています。その一方で就職する若い世代の数が減少しています。今後5年で25歳~35歳までの若い世代が21万人減っていくと予測されています。若い世代は希少性の高い世代ということなんです。

 非正規雇用が40%という異常な状態である現在、今後は雇用状況を好転させる為に、企業は非正規社員を正社員に引き戻さなければならないでしょう。人口減少から予測される雇用状況としては決して悪い雇用状況ではないということです。もちろんこれは楽観的な意見です。現在の国内の経済政策は富裕層優先の経済政策が取られています。これが人材を確保する為に、転換せざるを得なくなってくるということなんです。

 少し先の未来、進化の速度は私達が思っている以上に早いでしょう。早さは少し。だけど時代が進むにつれ、その速度は速まります。



 東洋経済ONLINEで面白い記事が特集されています。

日本一“社員”が幸せな会社の「うらやましすぎる真実」

 この企業はもちろん極端とは言えますが、今後、こんな風な会社が増えざるを得ない。人材確保の為にはこうした考え方に人は集まるモノです。企業は会社の利益を追求したいなら、こうした考え方にシフトした方がいい。これは日本経済を発展させるヒントなのかも知れません。

 頭のいい企業なら、今から会社としてのあり方、考え方を変化させないといけないだろう。そうしている企業はあまりにも少ないのが現状だけど、少しずつ変化が始まり、その波が大きくなれば急激に変化することもありえるだろう。

 楽観的になること。そして目の前の仕事をこなすしか無いのだ。
タイトルとURLをコピーしました