大阪がロケ地になった映画、大阪はロケ地として活用すべきだ!

ジョン・ウー監督 新作撮影の大阪を訪問

 大阪がロケ地となった映画は少ないがある!

 もっと大阪をハリウッドは使うべきだ。

(ライターFT)

大阪がロケ地になった映画、大阪はロケ地として活用すべきだ!


 大阪って東京程人が多くはない。横浜市より人口は少ない。西日本の中心であるにも関わらずだ。横浜市は2015年の統計で3719589人、大阪は2697724人かなり少ない。邦画はもちろん大阪を舞台にした作品は多い、しかしハリウッド作品となると、やはり東京が舞台になることがほとんどだ。

 名優、松田優作が良い演技を魅せてくれた「ブラックレイン」(1989年)は大阪がロケ地となった。



 アンディ•ガルシアとマイケル•ダグラスのこのシーンは阿倍野。

【動画】<なにわ点描>あべの筋がハリウッド映画に出てた? 映画「ブラック・レイン」ロケ地の今

 この映画では、十三や道頓堀の通称、「ひっかけ橋」も登場していました。住み慣れた場所のよく行く場所がハリウッド映画で登場するなんてなんとも映画が身近に感じますね。日本を舞台にした作品はあるものの、やはり圧倒的に東京ふぁ多く、少しだけ、京都、後は地方という結果なんです。


大正区の中山製鋼

 特に大阪を舞台にしたハリウット映画は、「ブラックレイン」だけという非常に寂しい結果になりました。2016年に撮影がスタートされるジョン•ウー監督のハリウット作品が大阪を少しでも選んでくれるのはとても嬉しいですね。



 大阪も、ハリウッドに見習い、全面協力するくらい、大阪市と大阪府が撮影許可を出して大掛かりな誘致をしたらいい。世界から大阪が注目されることは間違いない。
タイトルとURLをコピーしました