「貯蓄税」と「死亡税」政府は国民のこと等考えていない。

政府内で「貯蓄税」と「死亡消費税」を検討 すでに布石も

 政府もなりふり構わず国民から搾取しようとしていますね。

(ライターFT)

「貯蓄税」と「死亡税」政府は国民のこと等考えていない。




 テレビ報道では最もらしいメリットを並べていましたが、こんなメリットなんて財務省の考えたウソ丸出しの論理です。まず言っておきたいのがうちには貯金なんてない。だから貯蓄税なんて全く関係ない。しかしこれから子供達の為に貯金をしないとと考えていた時にこんなアホらしいニュースが飛び込んできた。

 マイナンバーで国民の税金をと立派ぐれないように番号化し、数字で管理。格差解消の為の貯蓄税なんて詭弁を振りかざし、国民を騙そうとしてる。これは格差是正という表向きの論理を振りかざしていますが、今の政治の体制ではいつまで経っても格差是正なんてあり得ない。この貯蓄税の徴収は国債を支払わせる為の布石と考えて良いでしょう。モーニングバード等のTV放送を開始したということは、完全に国民の洗脳が始まったのです。

 国債というのは、基本的に「国民の同意」を元に発行されています。要するに国民の資産から払いますという布石なんですね。

 今の所、貯蓄税は1000万円を超える貯金に対し2%の税金を課すというものです。これは1000万円以上の資産を持つ人にとっては大変な問題です。考えられるのは資産家は銀行口座を使用せず、現金にしタンス預金、もしくは別の方法を使い資産を守るはずです。

 資産が1000万円持っている人は裕福でしょうか?

 もちろんそうした方でも1000万円以上の負債を抱えている人が沢山いるはずです。

 お金を貯めるものにペナルティを課すという考え方はどうなんでしょう。

 明日もこのお話です。
タイトルとURLをコピーしました