中2病を考える3・ 押尾学

2週に渡って紹介してきた押尾学さんの中2病語録ですが、
本人曰く、8-9割は嘘だという。 ほとんどが2ちゃんねらーが作り出したものなのか?





    先生、教えて!



・・・さあ、今週も行ってみよう!

もし生まれ代わりがあるんなら、何度でも押尾学として生まれたい

「押尾学の「学」は、俺が何かを「学」ぶんじゃなくて、お前らが俺から「学」ぶってことなんだ

テツandトモはもっと評価されていい。あんなジャージ、俺にも着れない」

「バイクは好きだね。っていうよりも、バイクが俺を求めてる」




ジミヘンが俺のライブに来たんだよ。夢の中で、しかも3回も


           アレ、モノマネノヒト。




「特技は、男泣き」

「アメリカ生まれ、日本育ちの俺は、日米をつなぐ橋になる」

ロックとか、パンクじゃなくて、押尾学というジャンル

「モー娘。では加護ちゃんが好き」

「メロン記念日に同じ血を感じるんだ」

「魂を見たい? 俺のすべてが魂だよ」

アメリカでのあだ名はジェームス


  






「階段を登るたびに、自分が強くなっていくのがわかるんだ」

「未来から来たターミネーターなら、俺の音楽を正当に評価できるかもね」

「ジャニーズ事務所に入るつもりだった」

「ジャパンって発音したんじゃ通じないぜ。ジャピョンっていわなきゃ。ジャピョンて」

「嫉妬してるからって、そんなに冷たくしなくてもいいんじゃない?」

「俺より美しい男は見たことない。もちろん女も」

「挫折したこと? あるよ。このあふれる才能をどうやって全部活かそうかってね」

「石原知事と、連れションしたことがある」

「ベッカムヘアを見たとき「パクられた」って思った」


「ねたみ? たくさんあるよ。っていうか、世界中が俺をねたんでる」

「音楽は俺の世界の一部にすぎない」

「そんなことありえねーけど、俺がゴミだとしたら、「燃えてるゴミ」だね」

「革命に憧れる。もちろん音楽での革命」

「あしたのジョーは燃え尽きた。俺は燃え尽きない、太陽みたいに」




      「人生に必要なものは3つある。愛と友情だ」



     ひとつ足りないYO!


「俺がテレビに出てない時は、どこかでロックしてるんだ」

「もう、なんといっても音楽。ミュージュックだよ、ミュージュック!」

俺には、愛という言葉の意味がわからない

「何度でも繰り返したい。俺は押尾学なんだ」


「むかついたら、すぐにファックミーって言っちゃう」

「指の中で一番使うのは、中指かな。ははは」


押尾流 中指の使い方
報道陣に向けてご挨拶。
    
       

        





「よく見る夢がある。俺自身がスターになった夢。正夢だけど」

「風は人を選ぶ」

「解けた靴紐は結ばない。それが守護霊の意思だから」

「今一番怖いのは、どこまで俺が行っちゃうんだろうってこと」

「こんな世界はくそったれだ。だから、俺のクソは黄金なんだ」

「英語上達のコツは、心で感じること。フィールミーハッピー」

「流れる涙に意味なんかない。だから俺は歌うんだ」

「寂しくなったらいつでも呼んでくれ。行かないけど」

「いつも頼むカクテルは決まってる。”オシオoriginal”だよ」

「太陽をにらみつけてやったよ。そしたらにらみ返されちまった。(笑)」



「グラミー賞が、俺を待っている」


     




「1日が24時間って、誰が決めたんだ?」

「ハートで勝負するなら、俺の生き方はロイヤルストレートフラッシュ」

「明日なんか、どこにもない。俺の心に閉じ込めたから」

毎日がスペシャルって感じられる俺って、ダイナミック

「押尾学という名前を知らなくても、この世界に俺の魂は行き届いているんだよ」

「夕焼けは、血のにおいがする」

「学校なんて、大嫌いだった。俺の母校は保健室だ」

「嫉妬の意味を俺は知らない。俺は世界にShitだぜ」


「暑いよ。一瞬だけ、南極に行きたい」

「俺は伸ばしてないぜ、後ろ髪なんか。でもいつも引っ張られてる感はある」


「マイナスイオンは、体にいいんだってね。でも俺は「マイナス」って言葉が嫌いだ」

「ぶっちゃけ、猛暑は俺のせいでしょ?」

「俺に様をつけるのが許されているのは、様(サマ)になってる俺様だけだ」


假屋崎省吾、彼自体には華がないよね」   `;:゛;`;・(゜ε゜ )ブッ!!

「グレイト・スピリット=押尾学」 ・・・ スタンド名?



「未来は、今見える現実の先にある」


「「おしまな」とか「学」とか言うなよ。スコットランド風に「オシアン」て呼びな」

俺だってストライキしたいよ

「メダルの数で、お前の色は決まるんだよ」

押尾の、押尾による、押尾のための音楽

「逆から読んでも、押尾は押尾」

俺のライフは、ハンパねえよ

「毎日、名言吐ける俺って、やばくね?」

「イチローの活躍は、俺が予言したとおりだね」

「世界の中心で、俺は歌う」

「ライブがやりたい。生が好きなんだ」

「ライブに来いよ。誰が本当の微笑みの貴公子なのか、教えてやるよ」


「俺レベルじゃないと、わからないことはたくさんある」


「食いしん坊ばんざいは、なんで俺を使わないの?」

「上手くいかないのは、何もかも雨のせいだ」

「友情出演は、大歓迎だよ」

「そば粉でクッキーなんか、作んなよ!」

「人にやさしくするのって、気持ちのいいもんじゃない。痛いもんだよ」

「押尾の押しはナンバーワン」

「ウーマン・リブって、女はみんなリブを好きってこと?」

「SHINJOがアリなら、OSHIOはもっとアリだ。っていうかキリギリスだ」

「I am a fuckin’ shooting star. 流れ星じゃなくて、打ちまくるスターさ」

「けんかが楽しいのは、20までだな」

「これからは夢に対して、もっと正直になりたいね」

「リブなら人を救える気がした」

「世界を変えるのは、自分を変えるのと同じくらい簡単だ」

「結局自分を正当に評価してやれるのは、自分自身でしょ?」

「Livの熱さなら、この寒さを乗り切れる」

「Liv 21は発毛




・・・いや~。 どこを赤くしたらいいかもう分からなくなってしまいました。



清純派だった矢田亜希子のイメージがヤンキーイメージになってしまい、なんだかコレでいいの? と聞きたくなりますね。


ジェームズ、なんと次週に続きます。 え?もういい?
       

      







タイトルとURLをコピーしました