アンチエイジング!ヒトはどこまで老化に対抗出来るのか?2

肌年齢が15歳若返ったアンチエイジングのコツ6つ~食べ物・生活習慣編~

 見た目が若くても、体の中が年をとっていたらアンチエイジングといえない。見た目も体も若さを保つ事が一番のアンチエイジングといえるだろう。

(ライターFT)

アンチエイジング!ヒトはどこまで老化に対抗出来るのか?2


 肌を若く保つ為には生活習慣を変えなければ始まらない。小麦色の肌って健康的に見えますが小麦色の肌になるには日焼けがポイント。しかしこの日焼けには紫外線が大きく関係する。美肌を保つ事は紫外線をカットすることがまずは始めに行うこと。これは光老化と呼ばれ、慢性的な紫外線による肌の老化が言われています。



 う~~ん、イスラム教徒ならまだしも、これはお洒落さんとは言えない。しかも夏にこうした暑苦しい状態にするのもどうかと思います。グッズを使用して紫外線カットを考えるなら日傘がお洒落ですね。



 これは雨の日でも使えるようです。

 しかし!

 日焼け止めクリームでいいのではないか、男性なら。全く紫外線を浴びないというのもダメ、骨が弱くなるということが言われています。何事もバランスです。

 体の中から美肌を保つならビタミンA等の豊富な野菜と果物、そして毎日のお通じの改善ですね。

 もう一つは髪です。

 年齢を重ねてくると、髪の毛のボリュームや質、白髪等が気になります。これが見た目を老けさせる大きな原因。若々しい髪の毛の量と質というのがあります。これは体質や遺伝も大きく関係すると思いますが、これも体の中からまずは改善、循環器、つまり血管を若返らせることである程度の解消が出来るのではと思われます。

解明が進む「白髪」のメカニズム

 男性ならある程度の年齢が進めば、ロマンスグレーなんて言われてそれはそれでカッコいいかも知れません。TVドラマ「下町ロケット」の財前部長役の吉川晃司、カッコ良かったですね。



 女性の白髪、若い人は認めたくないものです。改善の方法もあるそうで、ウソか本当かは良くわからないですがチベット体操というものがあります。これは白髪だけでなく、見た目が15歳若返ると言われています。凄い!

 70歳なのに35歳~40歳にみられた?

 信じられないお話です。このチベット体操を実践しているブログがあります。中々の効果ではないでしょうか。1963年生まれの主婦さんらしいですが、とても後ろ姿が素敵で52歳とは思えないボディに仕上がっています。ウエストラインなんて100点満点です。

 アンチエイジング、色々と調べるとかなり興味深いですね。
タイトルとURLをコピーしました