ジャニーズの古い体質とパワーハラスメントは絶対に糾弾すべき!ジャニーズにあの呪文を言おう!バルス

SMAP解散で「新潮」が暴いていた真相! 飯島マネはメリー氏によるパワハラ解雇、裏切ったのはキムタクだった

  ジャニーズを解雇、もしくは辞めると芸能界を干されるというのは誰もが知っている周知の事実。これは完全にパワーハラスメントだ。

(ライターFT)

ジャニーズの古い体質とパワーハラスメントは絶対に糾弾すべき!ジャニーズにあの呪文を言おう!バルス


 SMAP解散の話題が世間のニュースを騒がせている。

 ジャニーズ事務所の芸能界における影響力は凄まじい。それ自体は悪い事ではなく、メリットも多くある。若い世代を中心に多くの女性達がジャニーズのタレントに夢中になる。可愛らしい男性アイドルといえばジャニーズのタレントがほとんどだからだ。

 世の中の女性達に一瞬でも夢を売るジャニーズ事務所の功績は大きい。もちろん女性だけでなく男性もジャニーズに憧れる人も多く、ジャニーズになりたい少年や影響を受けている若い世代も多い。

 しかしだ、ジャニーズを辞めたタレントの末路は悲惨だ。



 どうやらこんな構図になっているそうです。

 次期社長、後継者争いの問題にSMAPが巻き込まれた形になったようだが、これは各社が報道しているので、今回はジャニーズを退職したタレントにスポットを当ててみたい。

 私の世代でいえば、トシちゃんこと田原俊彦さんが芸能界を干されたのは残念で仕方ない。



 トシちゃんはとにかく明るくてユーモアもあって面白いタレントさん。歌はそれほどだけど、見ていて面白い。1994年にジャニーズ事務所から離れ、独立し「DOBLE T PROJECT」という個人事務所を立ち上げたが以降はほとんどテレビから姿を消した。最近でようやくテレビでも少し出演できるようになっているが、長い間テレビから離れていたせいか出演の機会がほとんどない。

 トシちゃんがテレビを離れた理由がジャニーズ事務所からの圧力が関係しているという噂である。独立の際、ジャニーズ事務所は反対だったそうだ。独立後、ジャニーズのタレント競演はNG、事実上、出演する番組がなくなったと言える。

 トシちゃんのようにジャニーズを離れ、干されたタレントは皆さんもよく知っての通り、数多くいる。タレントの行動や、生活上の問題で本人い何らかの原因がありジャニーズを離れたタレントも含めると、多くの才能が消された事になる。

 まるでやくざの破門のような状態なのである。

 非合法組織でも何でも無いレッキとした会社のはずなのに、やり方はまさにヤクザそのものなのだ。そしてあまりにもジャニーズ事務所の影響力が大きい為に、誰も文句がいえなくなってしまったのだ。

 1980年代後半に一世を風靡した光GENJIもジャニーズを辞めて干されたタレントと言える。光GENJIの山本淳一は現在、BARの店長という噂があるほど。

ジャニーズを辞めた“元アイドル”たちの現在

 現状はこんな状態。

 とにかくこんなパワーハラスメントを許す訳にはいかない。もちろんジャニーズにもいい分はあるだろう。売り込む為の宣伝費やレッスンにかかる費用などはきっと莫大なお金になると予想される。しかししっかり回収も出来ているはず。それにジャニーズを辞めたタレント達と競演させることで、さらにジャニーズの懐の深さが伺え、ジャニーズ事務所はもっと発展するはずだ。今のままでは芸能界全体の停滞にも繋がるといえるのではないか?

 唯一、ジャニーズを辞めて成功したタレントとしては本木雅弘さんくらいではないか?

 本木雅広、モッくんの奥様は樹木希林さんと内田裕也さんの娘さん。そしてもう一人、郷ひろみもジャニーズを辞めたタレント。ジャニーズ側にも仁義を通せばある程度の理解は得られるのでしょうが、辞めたタレントにそうした負のパワーは本来使うべきではない。時代の流れに逆らってるし、ジャニーズが行っている制裁は反社会的な制裁といえる。

 糾弾すべきだと感じています。

 滅びの呪文は今、使うべき!

 バルス!
タイトルとURLをコピーしました