悪徳商法に近い売り方と対策方法と子供達の欲望をどう抑えるかを考える。2

妖怪ウォッチ、早くもブーム終了で投げ売り?販売激減、過剰生産でブランド失墜
 レベル5の悪徳っぷりはどうにかして欲しい。

 商売といえばそれは間違いない。

 しかし人気を保ち商品を作り売るためには、少しの倫理が必要ではないか?

(ライターFT)

悪徳商法に近い売り方と対策方法と子供達の欲望をどう抑えるかを考える。2


 販売戦略会議が開かれているはず。版権はレベルファイブ、販売元はバンダイという妖怪ウォッチグッズを売る構図となっている。こうした会議でまずはメダルの品薄商法、そして妖怪ウォッチ零式の販売、そこには旧メダルは対応不可、しかもアニメ本編でも零式には旧式メダルは対応出来ない伏線を貼る。



 売り方を100歩譲って子ども達の事を思うなら、価格を下げるべき。妖怪メダル3枚で100円とか。

 こうした意図的な品薄商法などは、法律で規制すべきと思う。

 親の立場にもなって欲しい。

 レベルファイブのこうしたゲーム販売商法は「完全商法」と呼ばれている。



「完全商法」

 夢を売る会社が、利益だけを求めた結果といえる。

 特にゲームなんぞは飽きやすいのが難点と言える。販売が終われば次に来るのは”飽き”なのである。私達も始めてファミコンをした時、同じソフトだけではつまらないというのは知っている。常に新しいゲームソフトを求め、市場が成熟するにつれ、飽和状態になり、飽きられてしまうのがゲーム業界の現状といえる。そして常に新しいゲームを依存症のように求めるユーザー、そのユーザー達の欲望を満たす為に新しいゲーム開発に追われる制作販売会社。

 そのうち夢なんぞというモヤモヤしたかげろうのような幻想を捨て、どうすれば継続的に利益が上がるのかを戦略会議で利益を上げるプロ達が考える。普通の大人達からみれば完全に夢がなくなっているのだ。

 妖怪ウォッチアニメは中々面白い。

 しかしどれもどこかで見た事がある内容なのだ。ストーリーの多くは全て過去にあった物語の焼き直し、それはなりふり構わず行われている。




 金八先生、北斗の拳、川口浩探検隊、など。

 私も大好きなコマさんはまるで「たれパンダ」の焼き直し。ジバニャンはまるで未来道具を出さないドラえもん、ウィスパーはゴーストバスターズのマシュマロマン。



 本当に子供達から忘れられないようにする為には、もう少し売り方を考えた方がいい。

 そして子供達の夢を壊さないように、親達はちゃんと考えないとね。
タイトルとURLをコピーしました