日活ロマンポルノの秀作たち。3

「四畳半襖の裏張り」など日活ロマンポルノ80作品が一挙リリース決定!

 今日は寺島まゆみさん、日活ロマンポルノ界の聖子ちゃんと言われた人気女優さん。

(ライターFT)

日活ロマンポルノの秀作たち。3


 寺島まゆみはとにかくCuteという言葉がピッタリ。1981年に日活ロマンポルノデビュー。「宇能鴻一郎の貝くらべ」がデビュー作品。宇能鴻一郎というのは官能小説家を主に書いている巨匠と言える。芥川賞作家である。

 作風はとにかく面白い。「ベロベロのかあちゃんは‥…」という作品がありますが、かぁちゃんが作った桶一杯のこんにゃくの感触に、主人公の少年が限りない官能を覚えるといった内容(笑 

 私も宇能鴻一郎は高校生くらいの時に読んだ事がありますが、何ともいえません(笑
かなりハマります。現在は絶版が多く入手困難、もしくは高額になっています。



 寺島まゆみから少し逸れてしまいましたが、とにかく可愛らしい。

ピンクカット 太く愛して深く愛して

 こんな映画です(笑

 当時はソープランドのことをトルコ風呂と言っていました。そのトルコ出身の女性を寺島まゆみがきりもみする床屋で雇い、ピンクなサービスもするという何とも嬉しい床屋さんなんです。



とにかく聖子ちゃんを意識していたと思います。現在は引退し、幸せな日々を送っているのでしょう。現在は二児の母で幸せな毎日を送っているでしょう。

「宇能鴻一郎の貝くらべ」主演の寺島まゆみさん

 個人的に大好きな女優さんでした。日活作品以外にも観たかったと思える人でした。日活での活動期間は2年と短め、ラジオDJも日活引退後はしていたそうですが、実家の焼き鳥屋さんの看板娘となったそうです。以降は上記リンクのようにお子様に恵まれ、一般人として生活しておられるそうです。
タイトルとURLをコピーしました