日活ロマンポルノの秀作たち。2

「四畳半襖の裏張り」など日活ロマンポルノ80作品が一挙リリース決定!

 ピンク映画の代名詞と言われた日活ロマンポルノ、ピンク映画としてはもちろん、それだけではない魅力が満載、秀作どころか名作が多いのも事実、そして基本はエロス。

(ライターFT)

日活ロマンポルノの秀作たち。2


 私くらいの年齢なら日活ロマンポルノは一度は通る道と言える。私が始めて見た日活ロマンポルノは忘れもしない中学2年生のお正月でした。「カナダからの手紙」という昭和のヒットデュエットソングを歌っていた畑中葉子が主演したロマンポルノ作品。1980年の作品。大晦日に友人達と初詣に言った帰り、その頃,スピルバーグ監督の「ET」が大ヒットしており、「ET」を観たいという友人と揉めながら当時としては衝撃的であった、畑中葉子主演の「後ろから前から」をオールナイトで朝方みた覚えがある(笑い



 当時としてかなりショッキングな畑中葉子のポルノ映画出演、内容は完全に忘れました(笑

後から前からのストーリーはこちらに掲載されています。

 こんな内容だったか完全に忘れてます。3本だてだった思うのだけど、安岡力也が出てたような記憶もあるようなないような。等と色々と調べてみると「後ろから前から」を観たのではなく「セクシー•ぷりん 癖になりそう」という作品の間違いでした。1981年の作品でした(笑



 こちらでしたね、安岡力也が出演しています。楽しいコメディタッチの内容だったと思います。

 日活ロマンポルノのスターは数多く排出されました。元、日活ポルノ女優という何とも男性にとっては心ひかれる言葉なんですが。中でも風祭ゆきは美しくてセクシーな女優さんでした。もちろん今でも美しい女優さんです。タランティーノにも抜擢され、「キル•ビル」にも出演していました。



 もう完全にファンになりました(笑

 残念ながら風祭ゆきの日活作品は観た事がないんです。日活に出なくなってから知ったのでリアルタイムで観れなかったので今思えば非常に残念です。テレビや他の映画で奇麗な大人の女優さんだと思いながら観てました。1980年に日活ロマンポルノデビューなので、当時中学生だった私はしょっちゅうはさすがに観に行けません。現在、風祭ゆきさんは62歳、この年齢でも美しいですね。1988年以降は日活ロマンポルノを離れ、テレビや映画での活躍となる。



 現在でも美しい女優さんですね。

 明日も続くぞ!
タイトルとURLをコピーしました