二日酔いは避けたい!お酒とうまく付き合うのに守るべきこと5点!残りの3つ、ハングオーバー

飲みすぎた翌朝に!二日酔い解消法

 前回は二日酔いにならない方法、今回は二日酔いになってしまったらです。

(ライターFT)


二日酔いは避けたい!お酒とうまく付き合うのに守るべきこと5点!残りの3つ、ハングオーバー



 二日酔いになってしまったら、速やかに解消したい。夕方頃まで辛い、そんな1日は出来るだけ早く解消したいものです。



 3、水分補給をする

 二日酔いになると、体内の水分が出てしまう症状に陥ります。プチ脱水症状です。こうなると二日酔いはさらに深刻化します。まずは水分補給ですね。飲んだ後はスポーツドリンクが最適です。肝臓の働きを助けるオルチニンが含まれるスポーツドリンクが最適です。とにかく飲んだ次の日は二日酔いになってなくても水分補給は大切ということです。



 4、体を動かす

 体内の血流を早めることでアルコールの分解も促進します。軽い二日酔いなら体を動かすことで解消も早まります。アルコールを飲むと低血糖になる恐れもあります。朝起きて、だるさや筋肉通、重い感じの頭痛などあれば低血糖の恐れが考えられます。この場合は体を無理に動かしてはいけません。低血糖の場合はまずは血糖値を上げる為に、果実ジュースを摂りましょう。それ以外なら軽めのストレッチを水分補給と一緒に行うことで二日酔いは緩和されます。



 5、ゆっくり休む

 酷い二日酔いの場合、休息が必要ですね。二日酔いの原因はアセトアルデヒドという物質です。このアセトアルデヒドが体内で分解されるのを待ちましょう。もし、何か食べれるならグレープフルーツを食べて、肝機能を向上させましょう。

 休めるならゆっくり休むことが一番です。

 二日酔いの辛さは社会全体が認めてくれません。飲んだ自分が悪いと言われます。休めるなら休み、しっかり二日酔いを解消し、飲み過ぎないようにしましょう。
タイトルとURLをコピーしました