風邪の到来!風邪を引くと面倒なのでひかないようにする為のポイント

今回のテーマは「風邪を引かない習慣」について。

 風邪の季節がやってきました。

 たかが風邪、でも風邪引くと仕事中辛いし、体はだるいし咳がでて眠れないし、良い事なんて全くない。

(ライターFT)

風邪の到来!風邪を引くと面倒なのでひかないようにする為のポイント


 基本的な手洗いやうがい、マメにすることである程度は防止出来るかと思いますが、最強なのは抵抗力を付ける事ですね。では抵抗力、すなわち免疫力を高める為にはどうすればよいのかw考えましょう。

 まずは栄養をバランスよくとる事ですね。これも基本です。特にタンパク質、上質なタンパク質をとりましょう。



 単純にタンパク質といっても上質なタンパク質を摂取したいですね。量より質を選んだ方が風邪もひかず、健康な体を作ってくれます。ここで重要なのがアミノ酸、タンパク質を構成しているのがアミノ酸と呼ばれる有機化合物の総称。

 タンパク質は大量に摂取するのではなく、質で摂取すべきなんです。高タンパクな食事を続けると、肝臓や腎臓に徐々にダメージを与えてゆきます。多くのタンパク質をとるのではなく、少量のタンパク質をバランスよく種類を多くとる事が良いとされています。

 体にいいからといって同じモノばかりはダメという事です。



 そしてビタミンAです。これは喉や鼻の粘膜などを強化してくれます。
これ以外にも乾燥肌の予防、視力の維持、老化防止という素晴らしい効能が期待されます。このビタミンAも過剰摂取には禁物。サプリで摂るのではなく、食事で補給しましょう。これも同じようにバランスよくです。



 そして運動です。適度な運動ってどれくらいの運動なんでしょう。

「適度な運動」の「適度」がどのくらいなのか研究で判明

 全く運動しない人の死亡率は高い、次に死亡率が高いのは過激な運動をする人。

 週に150分が一番適切な運動量なんですね。そのうち20分~30分は激しい運動が良いらしいです。

 ストレッチ、きつめのストレッチと軽いウォーキング、きつめの筋トレがベストですね。きつめの筋トレは1日5分でいいんです。大体、腕立てふせと、腹筋を30回でOKです。私はストレッチを毎日10分~15分、しっかりして体をほぐします。ウォーキングや軽めのジョギングも増やして、筋トレもして行きましょう。

 それでも風邪をひいてしまったら。

 体を温める。

 うがいを強化する。

 水分をしっかり摂る。

 とにかく寝る。

 食事を頑張って食べない。(特に消化の良い物を選びましょう)

 ビタミンCを大量に飲む。

 このうちの2つだけでもすると病院にいかなくとも風邪は早く治ります。

 サクッと仕事を休みをもらい充分な睡眠と体を温めるだけでも、随分と違いますので皆さんもやってみてね。
タイトルとURLをコピーしました