大人だって逆境に強くなりたい!男も女も同じ、逆境に強くなる方法!

米海軍特殊部隊の元隊員が教える「レジリエント」な子どもを育てる方法

 子供だけでなく逆境には大人も強くなりたい、そう思います。

(ライターFT)

大人だって逆境に強くなりたい!男も女も同じ、逆境に強くなる方法!




 まずは落ち込んだ時にあなたならどうします?
 
 もしこうした落ち込んだ状況になった時はこちら 「優秀な人は知っている。落ち込んだときに「やらない」10のこと」をしっかり頭に入れておきましょう。

 究極の落ち込まない言葉があります。

 「これでいいのだ」

 そうバカボンのパパのあの名セリフなんです。

 一説では良い事があっても喜ばないことで、逆境に耐えうる力がつくなんてことを言っている人もいます。これは良い事も悪い事も対にあるので、悪い事があっても落ち込む事無く、平常心を保つという仏教の教えです。

 常に平常心、良い言葉ですね。

 でも人間は感情の生き物、笑いたいときは笑い、泣きたいときはなけばいいのだ。しかしこれでは逆境に強くなったとは言えない。済んだ事でいつまでも落ち込んでも仕方ない。落ち込むようなことがあれば、これでまた一つ精神力が鍛えられた、なんて思う方がいい。

 でも心のモヤモヤは中々取れない。

 しかも逆境に強くなるということは自分にとってかなりの出来事で、窮地に立たされているという現実ですね。このような窮地に立たされるということ、結構ありますよね。この時点で失敗を受け入れてる場合ではない。でもこんなときこそ、焦りは禁物。

 まずは現状を受け入れてみましょう。方法は声に出してこの言葉を3回、心をこめて唱えて下さい。

 「これでいいのだ」

 「これでいいのだ」

 「これでいいのだ」

 声をだして言うのがいいんです。



 バカボンのパパ、凄いですね。

 逆境に強くなる、一長一短ではいかない。でも必ずヒントがあるはず。

 負けるな!挫けるな!泣くのは終わってから!

 なんです。
タイトルとURLをコピーしました