始まりは想像すること

相手を本気で想像することが、相手との本気の関係性を創造する

 まずは簡単なことから始めて見ましょう。

(ライターFT)

始まりは想像すること


 人の願いは全て想像から始まります。
マイナスな想像より、プラスの想像の方が良いに決まっています。
実はとても簡単な目標達成の方法があります。「想像」し「行動」することです。皆さんが今まで願ったことがあまり実現しなかったのは、「行動」もしくはちゃんと想像が出来ていなかったからではないでしょうか?よく思い出してみて下さい。

 分かりやすい例として、スノーボードのトリックを例に挙げてみます。



 このスノーボードのトリック(技)は、フロントサイド540インディグラブというワンメイクの技になります。この画像はシークエンス画像と言い、私たちがトリックをメイクする時に参考にする画像です。ジャンプ台を抜ける時に考えるのは、抜け出た時の体の位置やトリック(技)を成功させる為の体の動作が画像で細かく撮影されています。

 ジャンプ台を抜けた後、540℃回転(1回転半)するためには体の動作をどのようにしていけば良いかを画像で示してくれています。ジャンプ台を抜け、体を正面に向けることで回転が始まります。そしてインディグラブ(ボードをつかむ)をし、次に首の向きをまわりたい方向に向け、体を入れていきます。初心者の時、こうした首の動きを理解するのに大変苦労致しました。しかしこうしたシークエンス画像がスノーボードトリックで難しいとされていた1回転半の回転を、このシークエンス画像を理解し、何度も頭の中でイメージトレーニングすることで、ジャンプ台を抜けた後、トリック(技)を成功させることが簡単に出来たのです。今まで何度練習してきても出来なかったトリック(技)が一 度で成功させることが出来ました。精度はともかく1回転半回れたということがとても嬉しかったのを覚えています。この時に感じたのはイメージ(想像)することがとても実体験で役立つということが分かりました。何度もシークエンスを見て、体の入れ方や首の動作などを見ました。頭に順番をたたき込み、何度もイメージ(想像)トレーニングをしました。すると1回でメイク出来たのです。

 実は実生活もこれと全く同じなんです。

 就活に挑む時、どんな職種にするのかをまず決めます。決めたら次は応募をします。応募書類はどんな書類にするかを考えます。ありきたりの履歴書や職務経歴書では人気職種
や倍率が高い求人に対して可能性は低くなります。まずは基本を押さえ、実際に自分という人間をプレゼンテーションする書類を作ります。そんな気持ちで履歴書や職務経歴書を作成して下さい。面接までこぎつけたら次はどうするか、暗い表情の人を採用するか明るい表情の人を採用するかを考えてみましょう。明るい表情の人の方が有利なのは一目瞭然ですね。

     

 どんな質問をされるのか、こんな質問がきたらこう返そう等のシュミレーションを多く持っておいた方が面接で聞かれる事に対して即答できます。そうした細かなイメージ(想像)をすることで面接の精度はかなり上がります。まずはイメージから始めてみましょう。
 イメージ(想像)し、行動に移すことが成功の秘訣です。

 運のいい人はイメージしなくとも成功することが出来るかも知れません。しかしイメージ(想像)することで格段に成功率が上がることはデータでも証明されています。

 細かいことは機会があればまたお話することとし、まずはイメージ(想像)することを始めて下さい。

 やり方として大切なのはまず自分の目から描いたイメージ(主観)をし、そのイメージを覚えたら、次は客観的なイメージを思い描いてみて下さい。客観的なイメージとは映画のスクリーンで自分が主人公になっているような感覚です。こうすることで慣れてくると、細かな描写も思い描くことが可能になります。
         

 余談ですが、ミスタージャイアンツ、長嶋茂雄のイメージトレーニングは最強です。
通常スポーツ選手なら、明日のピッチャーは誰で、あのピッチャーが登板するならストレートを狙い打つ等のイメトレをするのですが、長嶋さんは翌日のヒーローインタビューでお立ち台に立ってインタビューを受けているシーンをイメージ(想像)します。全ての過程をすっ飛ばして自分が活躍したシーンを客観的に行っているということです。長嶋さんは、どんなに酔っていても毎日の素振りは欠かさないことで有名でした。主観的なイメージは常に出来ているということですね。だから彼のイメージトレーニングはヒーローインタビューでお立ち台に立っているシーンを想像し、現実的にもその通りになっていたということが予測できます。


 
 成功のイメージは大切ですが、ここでは成功のイメージではなく、日々のイメージを心掛けて貰えば自然と成功するイメージも湧いてきます。

 なりたい自分を明確にする。

 自分がどうなりたいかを想像するのが現実化する早道とも言えます。

 どんな自分になりたいかを、具体的に紙に書いて反芻するとイメージが湧きやすいです。スノーボードのシークエンス画像も体の動きを目で見てイメージしやすいのがあのシークエンス画像の良い所です。紙に書くことで具体的なイメージを想像しやすくなるのも本当です。慣れないうちはイメージだけを考えることに限界を感じることがあります。そんな時には紙に書いてイメージすると比較的簡単にイメージが出来ます。

 紙に書いて具体的にイメージすることで経験したことが無くとも簡単にイメージすることが可能です。そして関係が無くとも成功して嬉しかった、達成したという感覚を再度イメージし、新しい想像の最後にその感覚を付け加えてみて下さい。そうすれば経験したことが無いことでも実際にやり終えたときに、何とも言えない達成感を感じることが出来るでしょう。

イメージしただけではダメなんです。イメージし行動に移すことが大切で、想像したことが現実化します。行動に移さないといくらイメージしてもそれは現実化しません。
先月のテーマでもありましたが、大切なのは行動することです。ただ行動するだけでなく、イメージ(想像)してから行動をする順番を決めてやることです。イメージ通りに行かなくてもまた修正を何度でも行えばいいのです。
タイトルとURLをコピーしました