中2病を考える その3

本日のティータイムでは中2病の代表的人物 押尾学をご紹介いたします。

押尾学といえばみなさんご存知のように神のような存在で「お塩大先生」と呼ばれみんなに尊敬される人物です。 




           オス! みんなよろしくな!


              
まずは彼の生い立ちから・・

1978年生まれ

1982年~ 1990年(12歳)
8年間アメリカで暮らす。恐らくこの間にキックボクシングを習う。本場のロックに触れた結果、一番好きな歌手=BON JOVI

1993年(15歳)
中学三年でブラジルに半年間サッカー留学する。サンパウロ市内のユースチームで背番号「10」をつけてプレー。

1994年(16歳)
ドイツに半年間サッカー留学(ヴェルダー・ブレーメンの下部組織にテスト入団)ドイツから帰国して、バンド活動を始めた。日本語を忘れている。バイクの免許を取得するため、必死に日本語を勉強。

1995年(17歳)
帰国からわずか一年で100人の珍走団の頭になる。同時に米軍基地に乗り込み、米兵相手にライブ&喧嘩。そんな最中に英検1級の資格を取得。現役で東大に受かるがでも日本の大学なんてウゼーと思って・


1998年(20歳)
俳優としてデビュー。

2002年(24歳)
バンド「LIV」を結成。「Without You」でデビュー。

2005年(27歳)
矢田亜希子とのロマンスが発覚。さらに12月20日をもって研音から離脱し、インディーズでの音楽活動に専念。平成の日野正平と呼ばれる



          先生、どこまで本当なのでしょうか?          
   
                



更にお塩語録がすごいのである。
先週の田中君なんて足元にもおよびません。



俺は尾崎豊を超えていると思う。歴史を作る。」

「このアルバムができたとき俺はカートコバーンの生まれ代わりと思ったよ」

「『何故俺はロックなのか?』それは俺がロックだったからさ」

「ジム・モリスンのステージでの自慰行為はいつか真似したい」

「本当のパンクはロンドンでもなくNYでもなくLIVにある」




「カート・コバーンはオレの代わりに死んだのかもしれない」

          ソウダッタノカ? オレ

  

「押尾家は代々サムライの魂を持った家系だから」

「キックボクシングもやってたんだ」

「俺の守り神は竜だと思う」

「クロムハ―ツは俺のために作られている」

「街を歩くと女はみんな俺を見ている」


「歌ってる俺の姿はめちゃくちゃセクシー」


「若く可愛い女の子の悶えには神が宿っている気がする」


「「生きるか死ぬかを考えている男」がかっこいいと思う」


「ハリウッドにもチャレンジしてみたい」


             あああ~!!!



「5月で24になってけど、心はいつまでも17でいたい。」


「ジミヘンのようにギターを燃やすような真似はしない。今の俺は、既に炎に包まれている」


「俺は、犬を見る目がある。今飼ってる犬も俺が選んだから上品な顔になった。」


「やっぱり1番好きなのはセバスチャン・バック(SKID ROW)」


「得意なこと?犬の調教」

「ヒーロー不在のこんな時代だから、俺への負担も自然とデカクなる」

「レッチリにレイジ・・オレの選ぶ音楽は最高にクールだ」

「日本のロックは聞くに耐えない。モー娘の方がまだ聞ける」

「ブラーはカスの音楽。ゴリラズを聞くやつは人生終わりだ」

「虎舞竜なら13章かかるところも、俺なら2小節だから」

♪なんでもないような事が~ ♪← この辺までか。



「俺を越えてみろ、俺を愛してみろ」

         
              ゴメン、断るわ。




「小さい頃足速かったんですよ。先生に「マナブはニンジャだから」って言われた(笑)」


「俺は女には暴力は振るわない。目と口で殺す」  


「キングサイズのベットで寝てます」


「来世は格闘家だね」  ( ´_ゝ`)ふーん


「千葉のおじゃが池で女の霊を見た」    ←オマエはイボタカコか!


「俺、卒業式は全部ボタンなくなりました」


「役者の押尾を殺して、LIVとして」


「コピーできるならコピーしてみろっていうまあそんな感じの曲だね」。


「オアシスなんて、日本でいえばB’zみたいなもん」


「アルバムはグラミー賞並みのレベルの高さ」


「俺は本場のロックを聞いて育ったから、中途半端な音だけは絶対聞かせられない。」


「(コピーコントロールについて)曲のクオリティが落ちる事だけはプライドにかけても絶対ゆずれない」


「アルバムはパーティチューンみたいなので英語やろうと思ったけど、いわゆる 騒ごうぜみたいなインチキバンドが多いからやめた」


「カートが生きていたら、俺に嫉妬しただろうか」

   ・・オマエダレ?





「俺がブレイクダンスをやめたのは、マイケル・ジャクソンがムーン・ウォークをストリートから盗んだのを見て、馬鹿らしくなったから」


     「カート・コバーンが僕を救ってくれたように、今の10代の子達を救いたい」


日本の音楽はガキのもの


なんと日本人を敵に回してしまった押尾さん。



                  来週も続いちゃうよ~!

                




     マジで?

タイトルとURLをコピーしました