又吉先生の「火花」そんなに面白い?

ピース又吉「火花」初映像化!米動画配信サービスで世界各国に配信

 ピース又吉先生の「火花」はまだ読んでません。

 読みたいとは思っていますが、文庫化してからでも良いかもと思っています。

(ライターFT)

又吉先生の「火花」そんなに面白い?




 純文学というジャンル。調べてみると「大衆小説に対して娯楽性よりも芸術性に重さを置いている小説の総称、日本文学における用語」とある。(ウィキペディアより抜粋)

 個人的には、純文学より大衆小説が好き。とにかく純文学と呼ばれるジャンルを読んだ事が無い。こりゃいかん!

 でも、ウィキペディアによると西村健太の「苦役列車」が2010年以降の純文学に入っている。なるほど、西村健太はかなり同じような内容の物語を書いているけど、かなり面白い。純文学というより私小説の書き手という認識だったんだけど。

 さて又吉先生だれど、元気のないお笑い芸人ですね。相方の熟女好きのイケメン君の方が確実に面白い。ファンには申し訳ないが、又吉先生のイメージは幽霊のようなイメージと言えば良いのか。



 「火花」の評判はすこぶるいい。

 読書メーターのレビューも多く、かなりの高評化レビューが多い。

火花/又吉直樹の感想・レビュー(3103件)  読書メーター

 こうしたレビューを見ると、かなり読みたくなる。

 「大地を震わす和太鼓の律動に、甲高く鋭い笛の音が重なり響いていた。熱海湾に面した沿道は白昼の激しい陽差しの名残を夜気で溶かし、浴衣姿の男女や家族連れの草履に踏ませながら賑わっている」。

 小難しい言葉を使っている印象だけど、読者が面白いと感じている人の多さには驚きました。

 早く読みたいと思い間います。
タイトルとURLをコピーしました