大人達が嫌う問題作!リアル鬼ごっこ

『バトル・ロワイアル』から15年、若者を騒がす問題作が再び登場
 
 すでに公開中のリアル鬼ごっこ、園監督らしい毒々しさとえげつなさが交錯する問題作です。
 
(ライターFT)

大人達が嫌う問題作!リアル鬼ごっこ


 原作はホラー小説、現在は以下4作が書籍として販売されている。

西暦3000年。人口約1億人、医療技術や科学技術、そして機械技術までもが恐ろしいほど発達し、他国と比べても全ての面でトップクラスを誇るとある王国で、「佐藤」姓はついに500万人を突破した。
建国以来目立った戦争が起きていなかったが、先代の王が逝去し、次の150代目の王が即位してから状況は一変する。先代が早くこの世を去ったため、現在の王様は21歳。彼は自分勝手でわがまま、優柔不断な性格であったため、窃盗・強盗・放火・殺人まで起きるようになってしまい、国内は混乱と戦火に包まれてしまう。皇后が亡くなってからはますますエスカレートする一方だが、王様は何の危機感も持たず、今まで通りただただ優雅な日々を送っていた。
そんなある日、王様は全国の「佐藤さん」を捕まえて処刑する「リアル鬼ごっこ」の計画を発表する。大学生の佐藤翼は新聞を読んでいる最中、「リアル鬼ごっこ」のニュースを知った。
果たして翼は、ゲーム終了まで生き残ることができるのか?

 ウィキペディアより抜粋



 さて、現在公開中の映画については園監督が手がけたオリジナルストーリーでの公開となる。すでに映画は5まで公開され、DVDでも観賞可能、ニコニコ動画では5まで公開されている。

 2015年7月公開のリアル鬼ごっこは、園子温監督の脚本で園監督は原作を全く読んでいない。タイトルにインスパイアされ作られたそうだ。



 園監督はたまにこうした彼独特の虐殺タッチの映画を創る。「地獄でなぜ悪い」という映画もこのリアル鬼ごっこに通ずるものがある。地獄でなぜ悪いが好きな人なら、きっとリアル鬼ごっこも大丈夫なはずだ。

 個人的な評価として、「地獄でなぜ悪い」は眠気に勝てない映画でした。

 園監督がやりたかったことが、未だに理解出来ないでいる。

 リアル鬼ごっこもそんな映画であることは間違いないだろう。

 「冷たい熱帯魚」や「恋の罪」という実話をモチーフにした映画のような、エグさと美しさと、エロチシズムが交錯した園節はない。

 原作の山田悠介はこの物語を自費出版し、ベストセラーさせた。



 若い世代、中高生から絶大な人気を誇る作家。1981年生まれの31歳。

 読みやすくロールプレイングゲームをしているような感覚になるというのが、彼の作品の人気の秘密。すぐ読める(笑

 中高生の感性と、園監督のぶっ飛んだ感性を融合させたこの映画、賛否があって当然、大人達が嫌う小説に映画、注目したいですね。
タイトルとURLをコピーしました