社交的になりたいっ!3

友達いない女と言われていた私でも超社交的になれた7つの方法

 友達いない女と言われていた私でも超社交的になれた7つの方法
その1:自分から話しかける
その2:キャッチボールを意識する
その3:相手を否定しない
その4:はじめの一言を大切にする
その5:相手に興味を持つ
その6:社交的な人の振る舞いをお手本にする
その7:社交的な人と友達になる
 上記サイトより抜粋

(ライターFT)

社交的になりたいっ!3

 
 社交的になるにはまずは自分からが基本になります。

 しかし内向的で、人見知りの人が自分から他人と接するのは至難の業。

 ではどうすれば自分から行動出来る?



 人材育成専門のコンサルタントがよく使う方法があります。

 自分に問いかけてみることなんです。

 「私は何故、自分から行動出来ないんですか」

 この問いを自分に投げかけてみましょう。

「私は何故、自分から行動出来ないんですか」



 答えは自分で考えます。ここで大事なのは自分で投げかけた問いですが、自分で考えてみてみましょう。

 そして答えは一つではないはずです。

 例えば、

 「人見知りだから」

 何故、人見知りなんですか

 「内向的な性格だから」

 内向的な性格は遺伝ですか?それとも内向的になる原因があったのですか?

 これを根本的な原因に辿り着くまでやってみるといいでしょう。

 こうした自問自答で、自分のデメリットをまず知ることです。

 そして次は内向的なメリットを考えてみましょう。

 内向的な人のメリットは、よく考えてから物事を判断するクセがついています。

 人の話を良く聞いていて、頭の中で人の話を消化し、速い段階で答えが出ています。しかしその答えが間違っているかも知れない。そんな不安からそれなら言わない方がいい、そう考えてしまうんです。

 内向的な人の心理として、本当は友達や知り合い、会社の同僚や上司とおしゃべりしたいんですね。そして人の話を聴ける人というのは、信頼されやすいんです。よく物事を考え、頭でシュミレーション出来る能力に長けている人が多いんです。

 内向的な性格をな直す必要は全くありません。

 意見をはっきり言う練習をすべきなんです。

 内向的な人と、恥ずかしがりやさんは似て非なるものなんです。

 恥ずかしがりやさん(シャイ)な人は慣れれば必ず人と接することが苦にならなくなります。しかし内向的な人はそうではありません。

 ここが内向的な人のメリットでもありデメリットでもあるんです。

 人の話を聴ける人、傾聴が出来る人って実はそんなに多くないんです。

 自分の意見をはっきり持っているけど、内向的な性格で言わない、言えないと言うのが本当の所でしょう。

 では、意見を言えるようになるにはどうすればいいのか?

 先にも書いたように、自分で質問をしてみて下さい。

 原因が分かるまで。

 そして原因が分かったらまずは行動を起こして下さい。

 きっと小さな行動でいいはずです。そんなに大きな行動ではないはずです。

 小さな行動の繰り返しを行うことで、あなたの人生は間違いなく、開けてくるでしょう。そこには失敗があるかも知れない。でも死ぬ程の失敗ではないはず。少しの勇気を出す為に、自問自答、何故私はそれが出来ないのかを考えてみて下さい。

 そうすることで社交的になるのは、とても簡単なことなんだと気がつくはずです。
タイトルとURLをコピーしました