快眠が全てを良くする。

寝付けないまま朝になりそうな時に試したい裏技

 睡眠の質って大事ですね。

 例え短時間でも、睡眠の質が良ければかなり体は楽、でも睡眠の質が悪いと長時間寝ても寝た気がしません。

(ライターFT)

快眠が全てを良くする。



 睡眠と体温は深い関係があるそうです。

 6月の梅雨時期は気温の変化が大きくなります。そして不快な湿度が体に纏わりついてさらに眠るには最悪な状態といえますね。

 梅雨時期に体がだるい原因の一つに空気中の酸素が少なくなる現象があるそうです。

 これが副交感神経が優位になりだるさを引き起こす原因とされています。

 人間の睡眠中の基本温度は低めが基本となります。

 ニュースソースにもあるように基本は眠る前の体温調節がいいようです。

 睡眠の必要性として、脳内の毒素を取り除くという働きがあるそうです。睡眠時にこうした毒素を取ると、アルツハイマーなどの予防にもいいそうです。もう一つは日々たまるストレスを取り除く効果が高いのが睡眠なんですね。


 ストレスは大敵

 まずは睡眠の質を高めるコツをご紹介致します。

寝る環境を整える3つのコツ
• 1つ目のコツ:布団は硬いものを選ぶ
• 2つ目のコツ:3つのポイントを守って枕を選ぶ
• 3つ目のコツ:寝室を真っ暗にする/朝は朝日を浴びる
寝る前の時間を大切にして睡眠の質を上げる3つのコツ
• 1つ目のコツ:12時までに寝ることで体のリズムを整える
• 2つ目のコツ:鼻呼吸にして、新鮮な酸素をとりいれる
• 3つ目のコツ:ストレッチで血行を良くしてリラックスして眠りにつく
生まれ変わったようなスッキリ感!睡眠の質を高める6つのコツ より抜粋
 後は食べるものですね。

 睡眠の質を高める食べ物としては、レタス、セロリ、シジミ、マグロ、カツオ、豚肉、バナナ、牛乳、大豆などです。

 何でも取り過ぎはよくありません。ほどほどに普段から意識して取り組むことが大切です。18時以降にカフェインを摂らない、など気をつけることは沢山あります。

 あまり神経質にならずに取り組んだ方が良いかと思いますので、まずは3つ決めて始めるのが良いかと思います。
タイトルとURLをコピーしました