ヴァンパイアとやくざを融合してどうしたい? 極道大戦争 三池ワールド炸裂の怪心の作品???

極道大戦争オフィシャルホームページ

 三池監督がやらかしそうだ。

 コメディとしてもB級の香りが漂う。

(ライターFT)

ヴァンパイアとやくざを融合してどうしたい?

 極道大戦争 三池ワールド炸裂の怪心の作品???


 
 咬まれたらみんなヤクザ化するというとんでもない展開はかなり笑えるのか?

 ヤクザの親分が敏感肌という設定が意味解らん、まるでラッスンゴレライ状態ではないか。三池監督は日本を代表するエンターティナーと思いますが、結構、クレイジーな映画が特徴と言える。土竜の唄なんかも完全に三池ワールドが炸裂している。

解説
バンパイアのヤクザに噛みつかれた人間が次々とヤクザ化してしまうという荒唐無稽な世界を、三池崇史監督のメガホンで描いたオリジナル作品。神浦玄洋を組長とする神浦組。神浦に憧れて極道の世界に入った舎弟の影山亜喜良は、映画のような理想の世界からほど遠い現在のヤクザ社会に退屈な毎日を送っていた。そんなある日、神浦の命を狙う刺客たちが次々と現れる。死闘の果てに倒れた神浦は、死にぎわに影山の首筋に噛みつき「ヤクザバンパイアとして生きろ」との言葉を残して絶命。影山の体内には神浦の血が逆流し、ヤクザバンパイアとして覚醒する。影山役に市原隼人、組長・神浦役にリリー・フランキー。インドネシアのバイオレンスアクション「ザ・レイド」「ザ・レイド GOKUDO」のヤヤン・ルヒアンも参戦。

 解説を読むと、ストーリーなんてあまり関係なさそうですね。

 きっと細かなディティールは面白いのでしょう。

 試写会の評価は☆一つの多い事、こうした巨匠クラスの監督の評価が低いというのは、後に時代を超えて認められてしまうという法則が存在する。例えば、売れるという法則を一つとって見ても、少しのダサさというエッセンスが必要になる。

 レヴューの多くは「わけ分からん」そんな声が圧倒的に多い。

 三池監督のやっちゃいました感が大きい、そんな評価がレビューには多いんです。そんなレビューを読むと、天の邪鬼である私は、余計にこの映画を観たくなる。(ブルーレイでいいけど)

 とにかく三池ワールドの中でもこの手の作品は、考えたら負けです(笑

 意味なく楽しめばいい、意味なんて考えて観ない方がきっとベター。

 逆に評価の良い人のレヴューを読むと、「こんな映画創って怒られないなんて、さすが三池監督」なんて言葉が(笑

 このチープなB級ストーリーの中で、三池ワールドの真髄を見極める、そんな難しい見方をしても面白いかも知れないですね。
タイトルとURLをコピーしました