廃墟とデトロイトテクノとどろどろトランス

デトロイトの破綻とデトロイト・テクノの音色

 昔からアメリカデトロイトという街は音楽とは切っても切れない。

 アメリカを代表するビックバンドKISSもデトロイトロックシティという曲があるほど、ロックを愛する街と言える。時を超え、現在のデトロイトは工業地帯の破綻とデトロイトテクノと呼ばれる音楽の聖地となった。

(ライターFT)

廃墟とデトロイトテクノとどろどろトランス

 
 デトロイトテクノという音楽ジャンルが存在する。アメリカの自動車工業を担う街として1960年代から発展するが、現在は廃墟と化したビッグシティの残骸となっている。1980年代は完全にハードロック&ヘヴィ•メタルがこの街を覆っていた。



 現在では街は廃墟の塊と化している。



 アメリカミシガン州にあるこの元ビッグシティ、現在は廃墟家屋が多く手がつけられない。警官も財政難の為にどうしようもない無法地帯となってしまっている。ここで起こる殺人事件の7割は未解決という恐ろしい現状となる。

 デトロイトの惨状はさておき、ここで何故音楽が育つのだろう。ロック黄金期は街の経済も驚く程、栄えていたが、現在はどうしようもない状態となっている。デトロイトテクノと呼ばれる音楽ジャンルをどのように説明したら良いか難しい。一言で言うなら、デトロイトの音楽シーン、特にクラブシーンで作られたDJやミュージシャン達が発信しているということだろう。

 テクノミュージックを簡単に説明するとしたらYMOを思い浮かべればいいだろう、でもデトロイトテクノを説明するのは少し難しい。電子音楽なんだけど、意外に暖かみを感じる部分が多い。



 代表的なデトロイトテクノのDJ、Juan Atkins(ホワン•アトキンス)が分かりやすいかも知れない。





 ホワンはテクノのゴッドファーザーと呼ばれるテクノDJである。デトロイトテクノを作り上げた人といってもいい。

 さて、明日もテクノミュージック、特にデトロイトテクノについて続きます。
タイトルとURLをコピーしました