経済学者ラビ•バトラの予言

[ラビ・バトラ氏]私がもっとも伝えたいことは、「崩壊のあとには必ず創造がやってくる」ということだ。

 インド出身のアメリカの経済学者、ラビ•バトラは社会はある循環を歴史的に繰り返していると言っている。

(ライターFT)

経済学者ラビ•バトラの予言


 ラビ•バトラが言っているのは「プラウト主義経済」進歩的活用理論ということを提唱している。

進歩的活用理論

 詳しくはウィキペディアを見て下さい。

 要するに資本主義、共産主義、及び経済学に対する代案となる。

 簡単に言うと昔の日本の社会に近い仕組みがいいと言っている。



 富を独占している一部の人間がこのプラウト主義をよくは思っていないとは思いますが、現在の経済は行き詰まりに直面している、そんな閉塞感さえある。

 心の平安を保つ。その為には何をしないとならない?

 まずは資本主義が終わるという現実を受け入れないとならない。

 

 資本主義に変わる社会システムを考えた人というのがこのサーカーとなる。

 現代は富を持つものが政治をコントロールし、富めるものがさらに富むようなシステムを作っている。この世の中がそうなっている以上、今後起こりえることは社会循環法則と言える。サーカーが言っている社会循環サイクルというのが、社会は戦士(Warrior)、知識人(Intellectual)、資本家(Acquirer)が順別に支配することによって歴史が展開している。この法則を当てはめると、次の支配は戦士が支配することになる。つまり戦争が起こるということになる。

 歴史をみてもこれは間違いではなく、同じ歴史が繰り返されている。

 資本主義が崩壊するとき、世界はカオスに包まれ混乱するだろう。このカオスオードをうまく乗り越える為に今、しないとならないことをしておくだけのことです。

タイトルとURLをコピーしました