映画の中の世界が次々と現実化している

googleが買収した企業が作った人型ロボットが完全にターミネーター!怖すぎると話題に【動画】

 ロボット工学、進んでますね。

(ライターFT)

映画の中の世界が次々と現実化している




 ニュース記事の動画を見るとかなり進化してきてますね。楽しみであることは間違いないと思います。 

 映画のやマンガの世界が現実化しているというのは、人間がイメージしやすいからだと思います。分かりやすい例としてはスポーツなどのイメージトレーニングがある。スノーボードでハーフパイプやワンメイクトリック、グラウンドトリックを練習する時等、必ずエントリーする時にしたいトリックのアプローチからエンディングまで、まずはイメージをしてからトリックにエントリーする。

 しない場合とする場合では格段にトリックの成功度が違う。

 これは頭で考えたことをすぐに行動に移した結果と言える。

 1回で成功しない場合、振り返りを自分の頭の中で行い、再度イメトレしチャレンジする。そして何度目かにはそのトリックを成功させ、安定させて自分の物にするのである。

 映画やコミックの中の出来事やテクノロジーは人間の想像、この想像が色々と現実化してくるのは当たり前の事というのは理解出来る。憧れから現実化、人の夢が困難を乗り越えて現実へと向かう。

 いい事ばかりではない。

 日本の近隣諸国である中国なんかは、彼らが思い描く想像を現実化させようとしている。



 中々面白くなさそうな映画ですね(笑

 幸福の科学が製作している映画です。宗教団体がよくやる不安を煽り洗脳するパターンですが、中国が考えそうなシナリオ、中々面白い。

 携帯電話、テレビ電話はすでに現実化してますね。

 これから予想される未来は、映画で出てきたような事が多く現実化されてゆくような気がしますね。人間がイメージしやすい、願望を持ちやすいこと、早く実現出来ればいいですね。



 後はタイヤのない車の普及ですね(笑
タイトルとURLをコピーしました