今、聴くべき名曲 SKIN代表が選ぶキラーチューン!

今、聴くべき名曲100

 人には趣味というものが存在する。

 音楽評論家にもそれは同じこと。伊藤政則ならマニアックなキラーチューンがあるだろう。ピーターバラカンならブルースを基本にお勧めのキラーチューンが存在するだろう。

(ライターFT)

今、聴くべき名曲 SKIN代表が選ぶキラーチューン!


 基本的に音楽全てのキラーチューンを考えるとジャンルを考えない方がいい。でもキラーチューンなんて所詮その人の好み。でも是非とも若い世代には私が感じたキラーチューンをご紹介したいと思う。



 忘れもしない20代の後半、たまたまFMで流れていたこの曲、まさにキラーチューンでした。



 これがアコースティックヴァージョン。

 ブルーファンクってなんやね~~ん。そんな衝撃とどうやってこれギター弾いとんねんっ!まさに衝撃でした。初来日は逃したのですが、心斎橋クアトロで観る事ができました。もう大感動のライヴでした。まさにFree Your Soulで魂が解き放たれた一瞬でした。

 そして自分の音楽ルーツを辿ると避けては通れないこの曲。



 ロッケンローしてますよね。KISSを語るとキラーチューンはかなり多いですね。

 一番最初にKISSでやられたのはやはりこの曲。昔、僕たちが中学に入った頃、心斎橋ソニータワー2階でビデオリクエストコーナーがありここに毎週のように通いこのビデオをリクエストして友達と観てました。



 バンドしたい、ギター弾きたい、そう思った懐かしい曲ですね。

 当時、家庭用ビデオがで始めた頃でまだまだ家庭にはビデオデッキがなかった時代、ソニータワーのリクエストコーナーが唯一の動くKISSを観れた場所なんですね。



 この曲もキラーチューンですね。

 同じようにこれも心斎橋のソニータワーリクエストコーナーで知った名曲ですね。

 まだまだあるぞ!キラーチューン
タイトルとURLをコピーしました