ジョージ•オーウェルの考えた未来

1984年 (小説)

 ジョージ•オーウェルというイギリスの小説家が書いた「1984」、村上春樹も「1q84」の小説の中でジョージ•オーウェルの「1984」に触れている一分がある。

(ライターFT)

ジョージ•オーウェルの考えた未来


 ジョージ•オーウェルは1903年から1950年まで生きた古い小説家だ。イギリス文学の中でも人気の高い作家である。「1984」という小説はオーウェルが死ぬ2年前に完成され、この小説は世界64カ国で翻訳され世界的なヒットを記録した。

 簡単にこの小説を説明するとオーウェルが生きていた時代のソ連(スターリン政権下)全体主義体制を批判した内容といってもいい。面白いのは資本主義が崩壊し、世界は3つの超大国に統治されているという近未来を描いた作品になります。1940年後半に1984年の約30年後を描いた物語になる。

 この小説の中で「永久戦争」という言葉が出てくる。まさに現在のアメリカそのものを指しているようにしか思えない。階級構造を維持するために戦争をする、まさに現在のアメリカそのもの、いやアメリカというより資本主義の社会構造そのものではないか。

 この小説の凄い所は一部のエリートが裏で大衆を操作するといった、まさに現在の格差社会そのものを指摘している。それを当時のスターリン政権下のファシズム批判に絡めて表現しているが皮肉な事に資本主義国が監視を強め、大衆に分からないように格差を生み、戦争で儲ける現在の世界情勢にそっくりではないだろうか。

 気がついたら私達は常に戦争に巻き込まれ、一部の支配者に搾取されている。

 民主主義だけど実は知らず知らずのうちに監視され、一部の人間に操作されてしまっている。経済という大きな力を一部の人間が支配してしまっている。



 1984年にイギリスで映画化されている。

 物語の中に出てくる「ビックブラザー」が行った監視社会、実はすでに今現在、行われており、監視されていると知らないのは私達だけなのかも知れない。
タイトルとURLをコピーしました