ナノロボットの可能性

2030年までに医療ナノロボットや小型探索ロボットなどが開発される – IEEE

 ナノロボットって、ジョニー・デップが出ていた映画に出てきたあのナノロボットですね。

 あんなことが現実化するとしたら、凄いですね。

(ライターFT)

ナノロボットの可能性




 ジョニー・デップのあの映画とは下の動画になります。



 この映画は人工知能を脅威と考えた人類が巻き起こすストーリーになりますが、実はこの映画で凄いと思ったシーンがナノロボットの描写なんです。ナノという単位は0.1~100nmという細胞や細菌より一回り小さなサイズになります。

 このナノマシンを作る理論というのは1959年に概念として考えられている。どうやってこのナノマシンを作るのかというと、通常の工具を使い、4/1サイズの工具を作り、その加工した工具を使い16/1サイズの工具を作り、それを分子レベルまで小さくしてゆくという概念になる。

 こう記載されると、素人でもなんとなく理解可能ですね。

 しかしこの方法では無理があることも判明、試行錯誤を重ね、たどり着いたのが日本の研究者達だった。しかしまだまだ実用化ではなく生体分子ロボットのデザインが完成したという段階。

 ではこのテクノロジーが完成されるとどんなことが出来るのでしょう。



 可能性は無限大。世界中から病気がなくなる時代が来るかもしれない。



 すでにナノテクノロジ―はすでに実用化されているんですね。
タイトルとURLをコピーしました