織田信長の性格。

織田信長の人生紹介

 鳴かぬなら、殺してしまえホトトギス

 この言葉はあまりにも有名ですね。

 信長公の性格を表した川柳ですね。

(ライターFT)

織田信長の性格。




 天下統一まであと一歩。

 戦の常識を変えた織田信長。そして彼の性格とは。



 信長協奏曲でも色々と信長を何度も裏切った武将を、許している。まさに予測不能の性格。ルイスフロイスというポルトガル宣教師は信長を以下のように語っている。

声はよく聞こえ、戦をよく好んでいて、名誉心が強く、正義に厳しかった。
自らに加えられた侮辱を必ず懲罰し、また人情味と慈愛がある面もあった。
夜は早く寝て朝早く起きた。

戦術は老練されていて、激昂するときもあるが 平常時は普通だった。
家臣の言葉に従わず、畏敬をもたれていた。
酒は飲まずに食べ物も少なめで、非常に率直に人を扱った。
日本の王侯を軽蔑していて、彼らと話すときは肩の上からした。
周りの人間は彼を絶対君主のように服従していた。
良い理性と判断力があり、一切の神や仏を信じなかった。
神や仏を礼拝や尊崇したりすることや、迷信的風習を軽蔑していた。
自邸では清潔で、話すときに時間が延びることや 長い前置きを嫌って、
卑賊な家臣ともよく話していた。好んでいたのは茶の器や馬、刀や鷹狩りだった。



 まさに予測不能の現実主義者、死が無であるという考え方は、まるでホークング博士と同じではないか(笑

 面白い、信長公!
タイトルとURLをコピーしました