チョコレートドーナツで号泣

映画『チョコレートドーナツ』 オフィシャルサイト

 久しぶりに涙が止まりませんでした。

 何と言う事はない。そんな映画なんですが、主人公の二人がセクシャルマイノリティでダウン症の子供を引き取る。正直で優しい、そんな3人の素敵な映画でした。

(ライターFT)

チョコレートドーナツで号泣




 1979年当時のアメリカはトランスジェンダーなどのセクシャルマイノリティ達は、差別されたんですね。

 とにかくダウン症のマルコは、お休み前のおとぎ話が大好き。エンディングがハッピーエンドなおとぎ話が好き、ここの伏線がポイントの映画です。

 正直に生きる事、人を思いやる気持ちを普通に大事にしている人たちの善意のお話です。内容についてはこのくらいにして、映画をレンタルして下さい。

あらすじ
1979年、カリフォルニア。シンガーを夢見ながらもショーダンサーで日銭を稼ぐルデ­ィ。正義を信じながらも、ゲイであることを隠して生きる弁護士のポール。母の愛情を受­けずに育ったダウン症の少年・マルコ。世界の片隅で3人は出会った。そして、ルディと­ポールは愛し合い、マルコとともに幸せな家庭を築き始める。ポールがルディのために購­入した録音機でデモテープを作り、ナイトクラブへ送るルディ。学校の手続きをし、初め­て友達とともに学ぶマルコ。夢は叶うかに見えた。しかし、幸福な時間は長くは続かなか­った。ゲイであるがゆえに法と好奇の目にさらされ、ルディとポールはマルコと引き離さ­れてしまう……。血はつながらなくても、法が許さなくても、奇跡的に出会い深い愛情で­結ばれる3人。見返りを求めず、ただ愛する人を守るために奮闘する彼らの姿に我々は本­物の愛を目撃する。


そして映画を観る前に、この曲を知っておいて欲しい。

 ボブ•デュランの名曲なんですが、歌詞は見なくてもいいので曲だけ聴いてから映画を観て欲しい。

 主演のアラン•カミングがとてもいい。

 この曲を知っていると、この映画が10倍楽しめると思います。



 本当に素敵な映画でした。
タイトルとURLをコピーしました