ジョンとヨーコのラヴストーリー3

ポール・マッカトニー、ジョンの死の前に友情を修復できたことが「慰めになった」

 ジョンとヨーコが出会い、凶弾に倒れるまでの間を描いた実話のお話。

 本当に良く出来ているドラマです。

 随分前にNHKで放送していたんですが、youtubeで見つけました。

(ライターFT)

ジョンとヨーコのラヴストーリー3





 ジョンレノンのアメリカの日々という著書がある。

 この本では、ジョンの日記やテープ等を元にアメリカでの最後の5年間が綴られている。これによると、ジョンとヨーコのラヴストーリーがどれだけ、美しく描かれているかがわかる。

 ジョンは薬中のイカレタただのオヤジである。

 だからジョンは面白い、魅力的だと言える。

 東洋人フェチなジョン、ヨーコにSEXを拒否されていたジョン、猜疑心の固まりでうつ病のジョン、全てがジョンであり神格化されたのは、ファンが作り上げた虚像そのもの。

 泥臭い人間だと言うことが良くわかる。
タイトルとURLをコピーしました