花燃ゆ NHK大河ドラマは幕末の物語

2015年大河ドラマ「花燃ゆ」ホームページ

 2015年大河ドラマ「花燃ゆ」ホームページ。明治維新を生き抜いた女性がいた。吉田 松陰の妹・文。久坂玄瑞の妻となり、激動の長州藩の運命に翻弄されながらも、新しい 時代へと松陰の志を引き継いでいく。

(ライターFT)

花燃ゆ NHK大河ドラマは幕末の物語


 2015年の1月4日からの放送になります。

 物語の設定は幕末の動乱期、時代的には面白い時代。しかも長州藩を中心に描かれており、吉田松陰の妹にスポットを当てた物語になる。

 「身はたとえ、武蔵の野辺に朽ちぬとも、とどめおかまし大和魂」

 幕末の長州藩士を奮い立たせた松蔭の辞世の句である。



 「龍馬伝」では伊勢谷友介は高杉晋作役を演じていました。長州に縁があるんですね。さて、この物語の主人公「文」のことを少し予習しておきましょう。



 そして、個人的に大ファンな井川遥が謎の女囚役で登場するらしい。

 「謎の女囚」

 何となく言ってみたかっただけとです(笑

 井川遥さん素敵ですね。いい女の代表格のように思っています。


 そしてこれだけのイケメン俳優を揃えるというのも凄い!

 NHKの視聴率狙いも十分ではないでしょうか?



 ストーリーはもちろん、制作は「龍馬伝」のプロデューサー達が集結、期待出来そうなNHK大河ドラマですね。楽しみ!
タイトルとURLをコピーしました