天神橋筋商店街1番街~2 3

皆さんは天神橋商店街に足を運んだ事はありますか?
Deepではないかも知れませんが、キタやミナミには無いお店が沢山あります。

かなり面白いスポットには違いないですね。

今週も火曜と水曜は天神橋商店街特集をお送り致します。

関西に住んでいても中々足を踏み入れない場所や、知っていても行った事がなかったり、Deepな人の溜まる場所であったりと様々なDeepな関西を紹介するDeep関西!

『天神橋筋商店街1番街~2 3』

をお送り致します。
(ライターFT)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃『天神橋筋商店街1番街~2 3』
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

前回は天満宮の裏に位置する、落語の寄席『繁昌亭』の前までお伝え致しました。

http://www.hanjotei.jp/ 繁昌亭 HP

上方落語ファンなら必ず一度は行ってみたい寄席である。



土曜日と言う事もあってかなりの賑わい!

かなりの賑わいだ。
40代~60代の人がほとんどだけど中には若い人もいるにはいる。




この日の出演者

個人的な好みですが ”桂 都丸” さんはそりゃ上手くて面白い落語家さんだ。


 桂 都丸

この人の落語はライヴで見るとかなり良い。





この繁昌亭の前に設置されている ”桂 春団治” の看板、顔を入れて記念撮影したかった。

ちょっと恥かしかったので撮影しませんでしたけど、次に行った時は必ず撮影してきます(笑

少し商店街からそれましたが、一応この繁昌亭、天神橋商店街の目玉なので避けて通ることは出来ない。しかも落語は好きだし!

商店街に戻り、変わったお店はないかと見ているとお洒落なお店を発見!




このお店も天神橋商店街の中で営業しているリフォームのお店だ。



営業種目が記入されている看板

営業時間がおわりそうだったので取材は出来なかったのですけど、スタイリッシュにリフォームしてくれそうなお店だ。このお店の玄関を見れば大体どういった内装に仕上げてくれるのか想像はつく。とてもガラス戸の模様が素敵だった。



家暮楽さん


そして次に目に入ったのが金物屋さんの看板。

なんと創業80年の金物屋さんのようだ。




株式会社旭商店さん

創業当時からの看板が圧巻!



商店街の人通りはそこそこ!

まだ1番街の途中くらいなのだけど、昔ながらの八百屋さんや魚屋さんなんかはあるにはあるのだけど少なくなったようだ。やはり毎日の買い物はスーパーなんかで買うほうが効率が良いのだろう。

しかしシャッターが締まっているお店はほとんどなくて、昔ながらの八百屋さんや魚屋さんが少なくなったとは言え、ここの商店街では空洞化は見られない。そのかわりにリーズナブルに飲める小料理屋さんや創作料理の飲食店が多くアーケード内で営業している。

時代の流れに合わせて昔ながらの商店街を運営していくには、思いきったアイデアと昔ながらの良さを持ち合わせているこの商店街はうまくいっているのでは無いだろうか?

日本一長い商店街というのも呼び水にはなっているとは思うのだけど、それだけでは今の時代、生きていけない。TVや情報誌で常に紹介されるこの商店街の魅力は常に楽しいアイデアと昔ながらの良さを兼ね備えているからだろう。

歩いてブラブラするだけでも結構楽しい。

そして落語の寄席があったり、天満宮があったりと常にこの商店街の周りには人が集まる仕組みが考えられている。最初にお伝えした藤原ビルも地階で演劇のスペースがあったりと新しい発見があったりする。





何とも中が気になる居酒屋さんの ”まだらや” さん





『もうアメリカ村に行かせない』

これを看板にするなんて!注目度は抜群ですね!



そして個性的で楽しいお店を発見!

沖縄、奄美の雑貨や生活品などを取り揃えているお店 ”ちゃんぷる物産”



ここでは沖縄、奄美の特産品を中心に様々な商品が取り揃えられている。

http://www.tomikichi.co.jp/ちゃんぷる物産 HP オンライン販売もやっているようです!




沖縄、奄美の焼酎などはここで揃う。

とても面白かったのが ”合格祈願シーサー” だ!




クリックで拡大



ポップなカラーでかわいさ満開!




その他にも珍しい駄菓子や特産品が盛りだくさん!

ここもアイデアが沢山詰め込まれた楽しいお店でした。

実はすでに天神橋筋商店街2に入っているのだけど、1番街と言うのはアーケードがない所までのようだ。

しでにアーケードがあるこの場所は天神橋筋商店街2になっているようだ。

そして続きは明日!

乞うご期待!





タイトルとURLをコピーしました