追悼、ロビン•ウィリアムズ

アップル、ウェブサイトでロビン・ウィリアムズ氏を追悼。iTunes ストアでも功績を称える

 いい役者、そういう呼び方がぴったりの素敵な俳優さんでした。

(ライターFT)

追悼、ロビン•ウィリアムズ


 グッドウィルハンティング、グッドモーニングアメリカ、バロン、レナードの朝、フック、ミセスダウト、ジュマンジ、数え上げればきりがない程彼の映画を見ている。

 ロビンの映画は普通に見たい、そんな欲求に駆られる。

 主演デビューは「ポパイ」実はこのポパイをまだ見ていない(笑



 アルコールと薬物の依存で苦しんでいたことが彼を絶望に追い込んだのか?



 ただただ悲しいですね。

 彼の知られていない素顔として、二人以上の相手と一緒にいると冗舌になり、一人だと社交性は全くゼロだったとロビンと中の良かったコメディ作家の話がある。

 彼の作品の中で好きな作品は沢山あります。ミセスダウトも大好き、アンドリューもロボットに扮したロビンが悲哀を演じ素敵な映画でした。

 しかしグッドモーニングベトナムを皆さんにはおすすめしたいです。



 反戦映画と言える。 

 1987年製作の アメリカ映画。一人のAFNDJが、兵士達を笑いとロックで癒し、ベトナム人と触れ、戦争 の冷酷さに翻弄される5ヶ月を描いたベトナム戦争映画の中でも異色の作品。(ウィキペディアより抜粋)

 劇中のキーポイントになる「この素晴らしき世界」この曲が何とも言えない気分にさせてくれます。

 下品で笑えて泣ける。

 ロビン•ウィリアムズそのものかも知れない映画と言える。

 ロビンという素敵な俳優がこの世を去ってしまったのは本当に残念としか言えない。

 追悼を込め皆さんに彼の映画に触れて欲しいと思います。
タイトルとURLをコピーしました