ウォールフラワー

「ライ麦畑でつかまえて」の再来と絶賛、社会現象となった“青春小説の金字塔”が映画 化!

 結果から言いますととてもいい映画でした。

 原作を読んで、この映画を見た人に話を聞くとイマイチ。

 何の予備知識もなく見た方が心に来るかも知れない。

(ライターFT)

ウォールフラワー


 らすじ
1991年、シャイで物静かな高校生チャーリー(ローガン・ラーマン)は、クラスメートたちに“壁の花”とあだ名を付けられ甘く見られていた。だが、彼の平凡な日常は、パトリック(エズラ・ミラー)とサム(エマ・ワトソン)兄妹との出会いによってすっかり様変わりする。チャーリーは初めて知る友情の素晴らしさや、初恋の胸のときめきに有頂天になっていたが……。
シネマトゥデイ (外部リンク)


解説
『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々』のローガン・ラーマン、『ハリー・ポッター』シリーズのエマ・ワトソン、『少年は残酷な弓を射る』のエズラ・ミラー共演の青春作。原作者のスティーヴン・チョボスキーが監督を務め、自身の小説「ウォールフラワー」を基に、思春期の青年の揺れ動く心情を繊細なタッチで映し出す。困難を乗り越え成長する少年の心象風景が観る者の心を強く揺さぶる。
シネマトゥデイ (外部リンク)

 見終わった感想は久しぶりに、「いい映画を見た」そんな感想です。
 とにかく主人公の周りの友人や家族の主人公を思う優しさや、主人公が家族や友人を思う優しい気持ちがとてもいい。

 単純な話ではなく、ドラッグ問題、同性愛の人権問題、若者の自殺などテーマは多い。
 
 そんな要素を上手く絡め、主人公の目線で物語は進んで行く。久しぶりの秀作です。



 私はすでに立派なおっさんですが、こうした青春映画は大好きです。こうした若者達の脆く切ない気持ちや、斬新な感性やセンスはおっさんになっても忘れたくないと思います。



 そしてこのイケメン君も素晴らしかった。ブレイクしてますね。



 あのハーマイオニがこんなに素敵なレディになっちゃたんですね。

 いい映画です。

 私は原作を買いに行こうと思っています。 
タイトルとURLをコピーしました