もんげぇ~~!妖怪ウォッチ人気の秘密

 グッズ売り切れ続出、大化けした妖怪ウォッチ ゲーム会社が仕掛けた緻密な戦略とは

 妖怪ウォッチを制作した会社ですが、販売戦略のやり方は利益重視、ちょっとこのやり方には同意出来ない部分も多いですが、コマさんが大好きな僕‥…

(ライターFT)

もんげぇ~~!妖怪ウォッチ人気の秘密


 一言で言えば、ドラえもんとポケモンとゲゲゲの鬼太郎を今風にミックスした感じですね。

 ドラえもんみたいなキャラ、ジバにゃん、3頭身の猫キャラ、これは売れる法則がそのまま反映されています。ゆるキャラでブレイクしたくまもんも同じですね。

 そして妖怪と戦って勝つと、ポケモンのようにメダルをGetして次の戦いで利用出来るという設定、コミカルでのび太、スネ夫、ジャイアン、静ちゃんと同じような友人設定なども売れる鉄板と言える。




 色々とこの会社の販売戦略を兼ねたアニメ、ゲームソフト会社であるレベルファイブという会社が仕掛人。イナズマイレブンも有名だ。

 でもこの会社、人気が落ちると手を引くのもとても速い。

 ブームが去るとほとんどのアイテムグッズの販売がされなくなる。

 人気の予想は出来たはず。先日も妖怪グッズが販売され、子供にせがまれ近所のイオンに妖怪メダルを買いに走ったが、すでに長蛇の列、整理券が400番目で、しかも限定数量が決まっていて、しかもこの整理券、さらに抽選だという。しかも一人限定2つまでという異常人気っぷり。親は買う気が完全に失せる。

 現代のマーケティング手法を採用した今時の企業だ。仕方ないと言えば仕方ない。

 ネットオークションでも高値となっている人気っぷりだ。

 ポケモンを超える人気になるのは間違いないだろう。

 個人的にはドラえもんやクレヨンしんちゃんの方が子供達にはいいと思います。確かに妖怪ウォッチも楽しいアニメで、いいんですが子供達からむしり取るような感じがするのは何故でしょう。


タイトルとURLをコピーしました