おかえりマイケル•J•フォックス

 デーブ・スペクターが語る「マイケル・J・フォックス・ショウ」の見どころ

 マイケルJフォックスがパーキンソン病になり長い、しかし医学の進歩で治りはしないが症状が緩和され通常の生活が可能になった。
 
(ライターFT)


おかえりマイケル•J•フォックス



 そしてマイケルの13年振りとなるドラマが4/25より始まった。マイケル•Jフォックスのファンなら本当に嬉しいニュースだ。

「マイケル・J・フォックス・ショウ」でフォックスが演じるのは、パーキンソン病を患って職場を離れていた人気ニュースキャスターのマイケル・ヘンリー。1998年に若年性パーキンソン病であることを公表し、以来、病気の治療と俳優活動を続けてきた、まるでフォックスの半生になぞらえたかのような“半自伝的”な設定だ。しかしそこはフォックス主演作、湿っぽい内容になるはずがない。個性派ぞろいの愛すべき家族とキャスターの仕事に向き合っていく姿が、ユーモアたっぷりの30分コメディとして描かれていく。
 マイケルを知ったのは「ファミリータイズ」というアメリカのコメディドラマ。このマイケルの役というのがお金に汚い長男という役所、しかしたまにシリアスな恋愛ドラマの時なんかは視聴者を泣かせる時も。



 このドラマは1982年から1989年まで続いた人気ドラマです。すごく人気の高かったドラマでした。

 そのマイケルがまた30分物のコメディ番組に。



 もう楽しみでなりません。

 ファンとして本当に嬉しい。おかえりマイケル! 
タイトルとURLをコピーしました