後味の悪い映画

 凶悪 オフィシャルサイト

 久々に後味の悪い映画を見た。

 ブルーレイ、DVDがリリースされている。
 
(ライターFT)


後味の悪い映画



 




あらすじ: ある日、ジャーナリストの藤井(山田孝之)は、死刑囚の須藤(ピエール瀧)が書いた手紙を持って刑務所に面会に訪れる。須藤の話の内容は、自らの余罪を告白すると同時に、仲間内では先生と呼ばれていた全ての事件の首謀者である男(リリー・フランキー)の罪を告発する衝撃的なものだった。藤井は上司の忠告も無視して事件にのめり込み始め……。 

 内容はこんな感じなのだが実はこの作品、ある事件をモデルに原作は描かれている。

 ノンフィクション小説「凶悪」という作品がモデルなんですね。

 
傍聴記者が語る 映画『凶悪』のモデルになった「上申書殺人事件」裁判“生現場” 

 映画はかなり怖くえげつない。

 感覚で言うと「冷たい熱帯魚」を見た時の感覚に似ている。

 中々面白い作品でした。
タイトルとURLをコピーしました