森田童子

幻 伝説のシンガーソング・ライター 森田童子 画像集★

 森田童子、何とも不思議な魅力のフォークシンガーなんです。
 
(ライターFT)

森田童子


 森田童子、わらしとは読みません。どうじと読みます。女性で1952年の生まれ。結構なお年ですね。私が彼女を知ったのはあるTVドラマの主題歌として流れていたのが最初です。とても暗く切なく壊れそうな感じでした。



 暗い‥…

 でも何故か惹き付けられてしまいます。

 高校教師という禁断の愛を描いた秀作です。

 1975年から1983年までライヴハウスを中心に活躍していたシンガーなんですが、多分、この曲がドラマで使われなかったらきっと誰も知らないくらいのマイナーな音楽だったと思います。ウィキペディアによると高校教師の脚本家の野島伸司が高校生の頃に友人に誘われてライヴハウスで見てとても強い印象を持ったということなんです。



 この曲がデビュー曲らしいのですが暗い…

 動いている映像始めて見ました。



 音楽がこれほど苦しいものだなんてってな感じですね。

 でも彼女の詩には何故か惹き付けられる何かがあるのは間違いないですね。

 売れたいと思って音楽をしていない音楽と言えます。

 高校教師で注目を浴びてまた再注目されましたが彼女はかたくなに出演などは拒否し、2003年に高校教師の新作が放送された際にベスト盤である曲の歌詞を一部変更したしたらしく、活動再開か?なんて思われましたが2010年の朝日新聞の取材で、近い方の死去により精神的な問題と持病の問題等で活動が困難だという。

 壊れそうな方だったんですね。



 やはり壊れそうな方ですね。



 なんとも言えないですね。
タイトルとURLをコピーしました