映画グレイトフルデッド

ゆうばり国際ファンタスティック映画祭 グレイトフルデッド

 ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2014で上映された映画「グレイトフルデッド」が注目されている。

 超高齢化社会という日本が抱える問題をシニカルでサイコな演出で表現されたコメディー映画らしい。かなり気になる映画です。
 
(ライターFT)

映画グレイトフルデッド


孤独な老人たちを観察するという趣味をもつ“孤独ウオッチャー”の女。人生に失望し、今まさに孤独死を迎えようとしている老人。そんな2人が繰り広げる破壊力満点の愛憎劇。
団塊の世代が続々と高齢化をむかえ、日本はどこの国も経験したことがない高齢社会を迎える。『無縁社会』が話題となり、『孤独死』という言葉が現実となって私たちの前に立ちはだかる。しかし、孤独は何も高齢者たちだけの問題ではない。本作はそんな孤独を抱えたひとりの女と老人の物語である。
主演は、オーディションで大抜擢され、鬼気迫る演技を見せた瀧内公美。相対する孤独死寸前の老人役には笹野高史。数々の老人役をこなしてきた笹野が出演に「一瞬、躊躇した」というほどのハードな役柄を見事に熱演している。

ストーリー:幼少時に一家離散という悲劇に見舞われ、ずっと孤独に生きてきた冴島ナミ(瀧内公美)。そんな彼女の趣味は、自分よりも孤独な人物の姿を眺めては渇いた心を充足させるという異常な人間観察だった。その新たな対象として観察しているのが、孤独死寸前の老人・塩見三十郎(笹野高史)。寂しさを絵に描いたような毎日を送り、精神的にも肉体的に衰弱していく彼を眺めては恍惚(こうこつ)とするナミだが、美人ボランティア・スヨンの支えによって三十郎が元気になる姿に憤慨。三十郎は自分だけのものだと、彼を監禁してしまう


 この映画のもう一つ、気になる点というのがお笑い芸人のカラテカ矢部が殺人鬼を演じているという事だ。


 予告編を観るだけでも面白そうですね。かなりえげつない(笑

 主演の瀧内公美はこの映画が主演デビュー作となる。

 舞台なんかも出演している注目したい女優さんですね。

 公開はすでにされているようです。2/27より

 インディーズ作品という立ち位置ですがかなり期待しています。
タイトルとURLをコピーしました