ネガティヴキャンペーンの中韓のプロパガンダと意味

首相、日本おとしめる中韓プロパガンダに対抗明言 政府の広報強化の意向

 プロパガンダって何?

 中国と韓国が日本をおとしめる?

 なぜそんなことをしないとならない?

 
(ライターFT)

ネガティヴキャンペーンの中韓のプロパガンダと意味


 プロパガンダの意味は「主義思想の為の宣伝」という意味。

 ようするに特定の思想に誘導する手法とも言えます。元々はカトリック教会が始まりと言われています。それを国が手法として用いているという事なんですね。

 ただこのプロパガンダが怖いのは本質を知らずに洗脳のように信じ込んでしまうのが怖いんですね。ウィキペディアによるとホワイトプロパガンダ、ブラックプロパガンダ、グレープロパガンダ、カウンタープロパガンダといういくつかの種類に分けられている。

 中国や韓国が発信しているプロパガンダはブラックと言える。

 ニュースリンクで安倍総理はカウンタープロパガンダを展開しようとしている訳ですね。対抗し正しい情報を日本だけでなく海外にも発信しようということですね。フェアとは言えない中国や韓国がこれまでやってきた事の結果は自国内では成功したと言えるでしょう。

 そもそも中国が何故こうした広報活動をして他国を陥れないとならないかというのはすでに明白になっています。東トルキスタン、チベット弾圧、自国民の格差問題などの不満を他に向けさせる為です。韓国も似たようなもんですね。



 戦時中、アメリカでもこのようなブラックプロパガンダが行われていました。

 まぁ、こんなもんでしょう。

 中国、韓国なんて相手にしない方が得だとは思いますがしなければならなくなってきたのでしょう。アメリカで従軍慰安婦像を建てたりしているので本当のことを知らないアメリカ人やその他の国の人が増えてきたんでしょう。

 ではどうカウンタープロパガンダをするのでしょう?





 自滅を待てばいいと思いますが、日本が何かをする必要もあるのかと思いますが必要なんでしょうね。

 中々、面白いですね。

 とにかくプロパガンダするならネガティヴよりポジティヴで公平で真実のプロパガンダをして欲しいですね。ホワイトプロパガンダで対抗して欲しいですね。 
タイトルとURLをコピーしました