始めてのミュージカル映画を観るにはどれがいい?

 始めてミュージカル映画を観るなら「ブルース•ブラザーズ」をまずは勧めます。

 かなり古い映画ですがこれほど面白い映画はありません。

 大物ミュージシャンが多数出演しカーチェイス、ダンス、コメディなどのあらゆる要素を詰め込んだとっても素敵な作品です。
 
(ライターFT)

始めてのミュージカル映画を観るにはどれがいい?




 あらすじ

シカゴ郊外の刑務所(ジョリエット刑務所)を出所したジョリエット・ジェイクと、彼を迎えに来た弟のエルウッドは、兄弟を育ててくれた孤児院に出所の挨拶に行くが、そこで、孤児院が5000ドルの税金を払えないため立ち退きの瀬戸際にあることを知る。孤児院の危機を救うため援助を申し出る二人だが、犯罪で得た汚れた金は要らないと逆に院長に追い払われてしまう。
何とか孤児院を救いたい二人はかつて孤児院で世話を焼いてくれたカーティスに相談すると、ジェームス牧師の移動礼拝に出席することを勧められる。気乗りのしないジェイクをエルウッドが礼拝に無理矢理連れてくると、ジェームス牧師の説話を聞いていたジェイクは突然神の啓示を受ける。「光を見たか?」「そうだ!バンドだ!」
こうしてふたりは、昔のバンド仲間を探し出しあの手この手でバンドに引き入れ、音楽で金を稼いで孤児院を救う「聖なる任務」に立ち上がったのだが、行く手にはシカゴ中の警官、州兵、マッチョなカントリー・ミュージック・バンド、ネオナチ極右団体、そしてジェイクの命を付けねらう謎の女が待ち受ける。
 1980年製作の名作です。

 とにかく私がおすすめのシーンをご覧下さい。



 あえて吹き替えのシーンで。

 若い人はあまり馴染みがないかも知れませんがこのファーストフード店の黒人のおばさんはアレサ•フランクリンが演じている。

 2分44秒辺りから曲に入るんですけど通常の台詞から曲に入る絶妙のタイミングは今見ても最高ですね。



 アレサの名曲ですね。

 そして大好きなシーン。あのレイ•チャールズが楽器店の親父を演じています。

 2分4秒あたりが最高。そしてダンス、最高のシーンです。この曲がかかると気分も上がりますね。



 まさにソウルの神ですね。

 この映画、コメディを主体と物語は進んで行きます。大物ミュージシャンは他にもジェームズ•ブラウンが出演しています。これがまた最高なんです。


どちらが本当のジェームズでしょう?



 このシーンも大好きなシーンです。

 元々はアメリカの「サタデーナイトライヴ」の中の企画から始まったこの映画、はっきりいってセンスも抜群。アメリカの良い所が全て出た映画と言えます。あまりの名作ですが以外に若い人は見てませんのでこの機会に是非見て下さいね。
タイトルとURLをコピーしました