パンクは仕掛けられた音楽だった!

パンクの父、マルコム・マクラーレンが遺したもの

 パンクという音楽ジャンルを作り上げたマルコム•マクラーレン、ちょいとお洒落な人物でもある。


 
(ライターFT)

パンクは仕掛けられた音楽だった!


 マルコム•マクラーレンはピストルズやニューヨーク•ドールズのプロデューサー、ファッションデザイナーなどのマルチなアーティストでもある。2010年に亡くなっている。

 マルコムはパンクの父と呼ばれ、イギリスのパンクムーヴメントの立役者と言われている。ヒッピーが嫌いだったらしい。



 アメリカ、ニューヨークで活動していたバンド、パンクというよりもグラムロック色が強い。このバンドに惚れ込んだパンクの父はマネージャーを買って出る。しかしアルバム2枚をリリース後に解散しマルコムはイギリスに戻りピストルズをプロデュースしパンクムーヴメントとなる。

 簡単な説明で申し訳ないがマルコムがパンクの父と言われた経緯になります。

 奥さんはあの有名なヴィヴィアン•ウエストウッド、70年代はパンクの女王と呼ばれた。



 まぁ、人気ブランドで日本でも芸能人なんかが大好きなブランドで有名。最近では何とか細胞の小保方晴子さんも愛用者だとか。



 ヴィヴィアン本人でお洒落でキュートなおばさんです。

マルコムとヴィヴィアン、この二人が出会いパンクという音楽とファッションが確立されたと言っていい。ファッションと音楽の関係性を確立した二人とも言え、この功績は大きい。お互いにいい影響を与え合った二人でそこにはある計算があったはずだ。

 1960年代後半から1970年代にかけてのヒッピ-文化を否定した彼ら、1972年にはイギリス、ロンドンであるブティックをオープンさせる。

 「Too Fast to Live, too Young to Die」(生きるには早すぎ、死ぬには若すぎる)

 それから2年後、マルコムは「SEX」というブティックを始めます。

 このマルコムが営むブティックの常連客だったのがピストルズのジョニー•ロットンやシドだった。ジョニーとシドは服飾関係の専門学生だった。前衛的で反抗的なパンクファッションは瞬く間に当時の若者達に受け入れられることになる。

 マルコムは「いつも敗者にセクシーさを感じた」と言っており独特のセンスがその思想を際立たせた。

 パンクは仕掛けられたものだったのかも知れない。

 マルコムがいなかったらパンクというスタイルが確立しなかったかも知れない。
タイトルとURLをコピーしました