SEXと少子化を考える2

セックスで脳が賢くなる!? 米・研究チーム、驚異の効果報告とは?

 驚く研究結果が報告されている。

 SEXで単純に賢くなるという訳ではないのがこの研究のミソ。

 でもしないよりした方が良いということは理解できますね。

 
(ライターFT)

SEXと少子化を考える2


 
 ニュースにあるテストステロンとは一体何なのか?

 一言で言えば男性ホルモンの一種で哺乳類の睾丸で95%あるとされている。

 実はこのテストステロン、別名モテフェロモンと呼ばれ、

筋肉増大
たんぱく質同化作用の促進
体毛増加作用
やる気促進
快楽増加
鈍痛効果
闘争本能促進
孤独願望促進
男性的肉体形成作用

 これらの作用と効果が期待されるホルモンだ。





 男性は少しテストステロンを上げることでもてるようになるそうです。しかしあまり上げすぎるとデメリットも増えるそうです。何事もバランスが大事だということですね。

 現在の若い人(男性)はテストステロンが低いということが考えられます。

 テストステロンが低いとまずやる気の低下が引き起こされます。やる気がないと仕事効率も落ちます。仕事の生産性が上がらないということは低収入に繋がります。低収入に繋がるということは彼女や奥さんを養い難いと言う事に繋がります。

 何事もバランスが大事だとは思いますが今の日本人男性のテストステロンホルモンが低いのが少子化の原因のひとつと言えるかも知れません。

 少子化というのは国の衰退を意味しています。

 国力を弱める少子化をここらで押さえるためにまずはテストステロン増加を男性は考えないといけない。国の政策が悪いのは確か。しかしもしかしたら今の格差社会も国が仕組んだと考えられないでもない。

 一部の富裕層だけにテストステロンをバランスよく増やさせ、大多数の国民には低テストステロンにして操作し、文句を言わない国民性を作り上げる。優生学という非常に怖い学問があり、一部の支配者が多くの国民を奴隷のように扱う政策かも知れない。(そんなことはないと思いますが(笑))

 本当は社会が発展するとどの国も少子化になる傾向があるそうです。

 社会発展に伴う養育費増加が原因とされています。

 しかしアメリカ、フランス、スェーデンなどは少子化から回復を果たしています。

 フランスなどは子供の養育費についての補助や高校無償化などの政策が取られています。

 原因をピンポイントで解消することが少子化防止の大きな要因ですね。

 そして景気の低迷、日本は独特の原因が多く残されています。とにかく少子化というのは国の衰退を意味します。私たちができる事、テストステロンを上げ、SEXをして子供を計画的に生みましょう(笑  

タイトルとURLをコピーしました